中国

とうかさん大祭in広島2015!日程と見所を一発チェック!

2015/05/25

広島に早めの夏がやってきます!

広島ではこのとうかさん大祭の日から浴衣が着られるのです。

風流ですね。

女性の浴衣は艶やかですし、男性は甚平が多く、粋に着こなします。

とうかさん大祭は400年ほどの歴史を持っていて、江戸時代には戦いに勝つことを祈願されていました。

勝負に勝つため、菖蒲のお風呂に入ったりしたそうです。

それでは、広島の圓隆寺の祭礼、とうかさん大祭の2015年の日程や見所を一緒にみていきましょう♪

スポンサーリンク

2015年とうかさん大祭の日程

2015年、広島のとうかさん大祭は6月5日(金)~7日(日)の期間で開催されます。

2015年6月5日(金)の日程

12:00~23:00 大祭開催 行事:御開帳法要

とうかさん大祭の行われる3日間、稲荷大明神は年に一度、この時だけ御開帳されます。

参拝する人は8万人にものぼります。

実は、御開帳される稲荷大明神の稲荷という文字を音読みすると・・・

とうかと読めるんですね。

稲荷さんが、とうかさんなんですよ。

078169

2015年6月6日(土)の日程

12:00~23:00 大祭開催 行事:焚き上げ法要

御札やお守りを法要と共に炊き上げてもらえます。

稲荷大明神への参拝したあとは、ぜひ、お守りをもらいましょう。

とうかさん大祭の催される3日間、300円を奉納すると珍しいお守りがもらえるんです。

そのお守りは、ウチワなんです。

破魔ウチワと呼ばれるこのお守り、破魔、の文字通り、煩悩という「魔」を寄せ付けないご利益があるんですよ。

浴衣にウチワ、お祭りの気分も盛り上がりますね。

このウチワには稲荷大明神の力がやどり、健康に、安全にと導いてくれます。

2015年6月7日(日)の日程

12:00~22:00大祭開催 行事:御閉帳法要

とうかさん大祭の見所

見所① 円隆寺境内の提灯

円隆寺の境内では、500個もの提灯が飾られます。

紅白の提灯も目を引く綺麗さです。

基本 CMYK

見所② 1000軒以上の屋台!

とうかさん大祭では、2015年の今年も45万人もの人出が予想されます。

お祭りの屋台はなんと!1000軒以上にもなるんです。

広島の繁華街の中央通りは、とうかさん大祭の初日と2日目、夜の7時過ぎには歩行者天国になります。

歩行者天国は夜9時過ぎまで続き、屋台はそれ以降も、とうかさん大祭が開催されている時間まで開いています。

屋台のなかで目を引くのがお化け屋敷。

ワーワー!キャーキャーっと、盛り上がっています。

106911

屋台以外にも・・・

屋台の他にもイベントは盛り沢山で、浴衣コンテストや太鼓の演奏、よさこいの演舞や盆踊り、パレードの行列が行進、ということまであります。

デパートの店員さんも浴衣を着ていたり、広島の繁華街がお祭りムード一色です。

027976

とうかさん大祭にやってくる人たちは、もちろん、皆が浴衣や甚平ではありませんので、普段着で安心して遊びに行ってくださいね。

割合的にも普段着の方のほうが多いですし。

浴衣を着る人には無料で着付けをしてくれるところもあります。

アクセス

圓隆寺 広島県広島市中区三川町8-12
JR広島駅から徒歩20分