東北

チャグチャグ馬コ2015ルートはコレ!由来もお伝えします

2015/05/25

紫陽花の咲く頃、岩手では人間とひとつ屋根の下で暮らし、共に勤勉に働いてくれる馬たちに感謝を伝えるお祭りが、2015年、今年も開催されます。

100頭近い馬に華やかな装飾をほどこし、14kmに及ぶルートを行進するのです。

その名も、チャグチャグ馬コ。

015099

馬たちの装飾は、黄色と色鮮やかで、着付けは一人ではできないほど、手の込んだものです。

染料をふんだんに使って手編みされた麻の織物を馬にかぶせ、手綱や垂れ幕、仮面もつけて14kmのルートを進みます。

江戸時代の大名行列の馬衣装が進化したという豪華な装飾、キレイな音色の真鍮製の鈴が馬につけられます。

チャグチャグ馬コの行列で、馬を引く男たちは足袋をはき、半纏を羽織って手ぬぐいをハチマキに。

共に馬を引く女性も、かすりの着物や編み笠で古き時代を蘇らせます。

引手がいろいろなら、馬もいろいろ。

白馬がいればその後ろには仔馬が続いてたりします。

では、2015年のチャグチャグ馬コの日程と行進ルートをみてみましょう。

スポンサーリンク

チャグチャグ馬コ 2015年 行進ルート

2015年のチャグチャグ馬コの日程と行進ルートです。

日程 
2015年6月13日(土)

行進ルート
鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社~青山町中央通商店会~材木町商店街~盛岡駅前~桜山神社~盛岡八幡宮

地図上のルート表記は大まかな予定です。
実際の行進は脇道などにそれる場合があります。

・・・・・・・

チャグチャグ馬コは、鬼越蒼前神社を9:30頃スタートし、最終目的地の盛岡八幡宮には13:30到着予定で、4時間の行進になります。

6月13日は、祭りの行進ルートで交通規制が行われます。

車で行かれる方は、鬼越蒼前神社までの無料のシャトルバスの利用をオススメします。

盛岡駅や滝沢総合公園駐車場から鬼越蒼前神社まで出ていますので、ぜひ。


馬コの行列では、参加する人々や馬たちは愛情で繋がっている、そう感じさせてくれる動画です。

ノスタルジックな雰囲気のなかに、このお祭りの優しさが伝わってくるようです。
華やかな装飾で身を飾った馬も随所にでてきますので、ぜひ、ご覧下さい♪

馬も、ほっこりと笑っているように感じました。

・・・・・・・

チャグチャグ馬コの由来

2015年の現在まで、200年の歴史を持つこのお祭りは、農耕馬を愛する人々が馬の健康を願い、馬といっしょに神社へお参りに行ったことから始まります。

その神社は滝沢市にある鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社といって、馬の神が祀られています。

この神社を出発した馬の大行列が、むかうルートは盛岡市の盛岡八幡宮。

大行列が馬につけた鈴の音とともに2つの市をまたぐルートを進むのです。

鈴の音がチャグ、チャグ、と聞こえてくることから、お祭りはチャグチャグ馬コ(うまっこ)、と呼ばれるようになりました。

チャグチャグ馬コは、宮沢賢治の短歌の中でも、ちゃんがちゃんがうまこ、として登場しているんですよ。

02チャグ

お爺さんが孫を馬に乗せて手綱を引く姿は、2015年の現在からも次の世代に受け継がれていく文化にロマンを感じます。