新幹線

黄色い新幹線ドクターイエローはお医者さん!走行は!?

2015/04/16

見ると幸せになれる♪ (*゚▽゚*)

と言われているドクターイエロー

ドクターイエローは、新幹線のお医者さんです。

運行情報は機密事項になっています。

そんないつ走行するかわからない、見ると幸せになれるドクターイエローについてまとめました。

スポンサーリンク

ドクターイエローの車両

現在走行しているドクターイエローは923形 新幹線電気軌道総合試験車で、2000年に開発されました。

700系新幹線をベースに開発されており、車両は7両編成で、走行性能は700系新幹線とほぼ一緒に作られており、時速270kmで走行します。

4f8100af785c5560042d39b0acc3bcd8_s

ドクターイエローには、JR東海に所属するT4編成と、JR西日本博多総合車両所に所属するT5編成の2つの編成があり、3カ月周期で走行しています。

3カ月仕事をしたら、次の3カ月はメンテナンスに入る、という繰り返しを2つの編成で行っているため、同時に走行はほぼ無いようです。

ただ、メンテナンス中の編成が試運転などをしている時に、たまたま同時走行があるかもしれません。

それ以前は、0系新幹線をベースにして開発された車両でした。

0系のドクターイエローは現在、愛知県名古屋市港区にあるJR東海リニア・鉄道館に展示されているそうです。

・・・・・・・

他の区間はお医者さんはいるの?

他の区間にも、もちろんお医者さんはいます。

東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線Eastiと呼ばれる白い車体

九州新幹線では現在、新幹線電気軌道総合試験車は存在せず
800系新幹線U001・U007~009編成に検測機能が付加されて走行しています。

ドクターイエローの走行区間とダイヤ

どこを走行するの?

東海道新幹線区間山陽新幹線区間で走行しています。

博多総合車両所まで走行します。

新幹線電気軌道総合試験車の中で、車体が黄色のドクターイエローが走行するのは東海道・山陽新幹線区間だけです。

ドクターイエローはいつ走るの?

基本的には月3回、約10日毎のペースで走行します。

ダイヤは2パターンあり

のぞみダイヤと同じダイヤで走る

月3回ペース

こだまダイヤと同じダイヤで走る

2カ月毎に1回⇒軌道関係の検測
3カ月毎に1回⇒電気関係の検測

最初に述べましたが、運行情報は機密事項なので、走行日時は公開されません

ドクターイエローの仕事

099088

軌道
レーザービームでレールの歪みチェック

架線
架線の位置、電圧・電流の状況、摩擦などのチェック

信号
新幹線はATC(自動列車制御装置)からレールに流れる信号の電流をキャッチして走行しています。
正常に機能しているかチェックをします。

通信
無線通信装置の検査

などの検測や、走行するのに問題がないか様々な状態をチェックしています。

ドクターイエローは名前の通り新幹線のお医者さんですね。