子育て 紫外線 美容

子供にも紫外線対策を!お肌の守り方

2015/04/16

子供のうちは屋外で遊ぶ機会が多く、18歳までに生涯浴びる紫外線の大半を浴びます。

一昔前は、夏になると子供たちが小麦色に焼けているのが、健康的にみえていました。

それは紫外線の怖さを、世の中が知らなかったからです。

近年は、WHO(世界保健機構)が紫外線を避けるように取り組みを開始しています。

日本では、大人は各自、紫外線対策をされていますが、子供への対策はまだまだ浸透されていません。

子供のうちから行いたいお肌の紫外線対策の必要性と、紫外線対策をご紹介します。

スポンサーリンク

子供の紫外線対策の必要性

子供のお肌はプルプルしていますが、まだ皮膚は薄く傷つきやすいのです。

そのため紫外線対策をせずに、お肌に紫外線を直に浴びてしまうと、体内に吸収してしまうのです。

1997年までは母子手帳で「日光浴のすすめ」という、太陽に当たりましょうと推奨していましたが、紫外線が危険ということから1998年以降削除されました。

子供の頃に浴びた紫外線の影響は、大人になってから表れてきます。

1歳から紫外線を大量に浴びると18歳という若さで皮膚癌になる可能性もあるそうです。

紫外線対策の先進国であるオーストラリアやアメリカなどでは、子供の頃からの紫外線対策が徹底しています。

fun-649463_640

紫外線を大量に浴びると・・・

・皮膚癌
・お肌のシミやしわ
・白内障
・翼状片(よくじょうへん)

などに、成長してからなる可能性があります。

紫外線の目への影響についてはこちらへどうぞ!

子供のお肌の紫外線対策

紫外線が多い10時~14時は、なるべく外出は避けた方が良いでしょう。

・・・でも元気な子供たちは、そうもいきませんよね。

そんな時は対策をして、紫外線から守ってあげましょう。

帽子


紫外線カット機能が付いた、つばが広めの帽子を選びましょう。

キャップなど首の日焼けが気になる場合は、日よけカバーがおススメです

帽子をかぶっていても、簡単に取り付けられ、紫外線対策もバッチリ☆えり首日よけ 子供用【サン...

服装

紫外線カット機能が付いたパーカーなどを羽織りましょう。

吸汗速乾加工されていると、汗をかいても外に逃がして、すぐに乾くのでおススメです。


UVカットクリーム

UVカットクリームは有効ですが、汗で落ちてしまったり、長時間効果があるわけではないので、ちょくちょく塗らなければいけません。

なので、UVカットクリームだけで紫外線対策をするのは大変です。

帽子とサングラス、長袖などと併用して、それでもお肌が露出する部分に塗りましょう。

子供用の低刺激のものを選びましょう。

123965

その他の対策

ベビーカーや車の窓には、専用の日よけを使いましょう。

公園に行くときは、日影がある公園を選んだり、

海やプールに行くときは、紫外線カットされた水着やラッシュガードを着るようにしましょう。