情報

5気圧防水とは?いろんな疑問の答えはコレ!

時計を買う時に気なるのが防水の性能ですね。

時計の売り場で好みの商品を探していると、「5気圧防水」と書かれたタグを目にします。

5気圧防水とは?

防水って、雨やプールやお風呂は・・・?

「日常生活防水です♪」って店員さんも、なんか言ってた気がするけど、よく分からないなあ。

と、いろいろな疑問が湧いてきます。

028886

今回はそんな疑問の答えを解き明かしていきたいと思います。

それでは、まず初めに日常生活防水の基本的なことから一緒に見ていきましょう♪

スポンサーリンク

5気圧防水とは?

まず5気圧防水の機能について、大きなイメージでお話しますね。

それを知ってもらってから、細かく具体的な疑問を解決していこうと思います。

ではでは。

日常生活防水って雨に対応?

日常生活防水って、どんなことか、ちょっとボンヤリしていませんか?

まず!3気圧防水よりも5気圧防水の方が、5気圧防水よりも10気圧防水の方が防水力が上がります。

数字が大きくなるにつれ防水性能アップということですね。

それで、日常生活防水の「日常」が指すものは、「顔を洗う」や「弱い雨があたる」程度なんです。

それが3気圧防水のレベル。

そして5気圧防水になると、日常生活強化防水と呼ばれ、ちょっと防水性能が「強化」されます。

どんな性能が強化されたかというと・・・

もちろん普段の雨には対応して、水仕事もできるようになるんですね。

園芸をしたり、洗車をしたり、料理を作ったりできるようになります。

185472

時計の刻印の意味は?

時計の裏蓋などに刻印されている文字の意味です。

WATER RESIST(WATER RESISTANT)とは?

防水機能が付いているという意味です。

WATER RESIST(WATER RESISTANT)の表記だけの時計は、3気圧防水機能のついた時計です。

5barとは?

その雰囲気通り、5気圧防水という意味です。

5気圧防水の性能は?

5気圧防水の時計、入浴できるんでしょうか?

プールは?

その疑問を解くカギは、時計についたパッキンにありました。

防水性能は劣化する!?

購入直後の時計は結構防水機能に優れているんですよ。

それが1年、2年と時間が経つにつれ性能が落ちてきます

どうしてでしょう?

u--muS

その1番のキーワードはパッキン

5気圧防水の時計にも裏蓋などにパッキンが付けられていて、雨などの水の浸入を防いでくれています。

パッキンはゴム的な感じの素材ですので時間が経つと・・・

そうです( `ー´)ノ

少しずつ硬くなっていくイメージですが、水の浸入を止める力が弱まっていくんですね。

ではパッキンを交換してもらう費用は(?_?)

となりますね。

その費用は3000円くらいからのようで、ちょっと出費することになります。

大事な時計だったり、値の張る時計だったらパッキンを交換した方が良さそうですね。

入浴できる?

5気圧防水の時計で入浴するのはやめましょう

理由は・・・

水道の水が直接当たる可能性が高くなります。

水道から出る水の圧力を気圧に換算すると、2~5気圧程度ですので、5気圧防水の時計にはハードすぎます。

シャワーの水圧も高いですね。

石鹸やシャンプーなどが常に付着します。

これは防水機能を備えた時計のパッキンの性能をどんどん劣化させてしまいます。

高温多湿な環境。

高温多湿な環境もパッキン部分の機能を劣化させていきます。

温泉の場合

上の条件にさらに温泉の成分が加わって、時計にとっては大ごとです。

プールで泳げる?

5気圧防水の時計をしてプールに入るのはやめましょう

え?プールに入っても大丈夫だったけど・・・。

そんな声も聞くのですが、買ったばかりの時計であれば初めのうちは大丈夫かもです。

ところが、それを繰り返すと結構なダメージがかかっていきます。

水中で手を掻くときの水圧は大きな負担になります。

防水性能をどんどん劣化させることになってしまいます。

温水プールは一番負担がかかってしまいますね。

5気圧防水腕時計 使用のコツ

5気圧防水の時計の防水機能のお話しですが、やっぱり水が入ることはありますね。

そんな時の対処法です。

それと、最後は時計を長持ちさせるコツもお話しますね。

水が入ってしまったらどうする?

急いで時計屋さんに持って行きましょう。

すぐに水分を取ってあげないと、精密機械の時計の部品がサビてしまいます。

私の時計はネジ巻きの棒が錆びのために折れてしまったことがあります(^^;

koredaM

時計の針が曇っているけど?

時計の針や文字盤に曇りがあれば、時計屋さんに持って行きましょう。

時計のなかに水が入ってしまっていた場合、私の時計のように精密な部品のサビの原因になってしまいます。

大事な時計の場合は時計を分解して水をとってもらうのがいいですね。

時計を長く使うコツは?

5気圧防水の腕時計を長く使うコツはどんなことでしょうか。

答えは当たり前すぎることになります。

  • 水を使う前に外す
  • 汗をかく前に外す

ということです。

雨水や汗などが付いてしまったら、やさしく拭いてあげましょう。

海水の塩水なんかは、速攻で拭いてあげましょう。

他にも、

  • 水が外側についている時にボタン操作や、りゅうず(ネジ)を動かしたりしない
  • りゅうず(ネジ)は時計内部に、しっかりしまう

というようにして、水が時計の中に入らないように気をつけましょう♪