子育て

七五三!お母さんは着物で!おすすめはコレ

七五三といえば主役は子供

「どんな服装にしよう?」

「髪型は?」

など、子供の服装を考えるだけでワクワクしてきますね。

096453

でも・・・

「あれっ!?自分の服装考えてなかった!」

とお母さんの服装選びを忘れがちです。

せっかくの子供の晴れ舞台である七五三

「普段着物は着ない」「着物なんて着たことがない」

というお母さんも七五三という機会に、日本が誇るの伝統衣装着物を着てみましょう。

スポンサーリンク

どんな着物を選べば良いの?

着物にはランクがあり、その場にふさわしい物を着ることが大切です。

洋服にも普段着やスーツ、ドレスなどシーン別に着こなしますよね。

着物も一緒です。

着物のランク

  1. 礼装
    花嫁衣装の打掛や、結婚式で母親が着る黒留袖など
  2. 準礼装・略礼装
    結婚式に呼ばれた時や入園や入学、卒園や卒業、七五三など
  3. 外出着
    ちょっとおしゃれを楽しむ
  4. 普段着・浴衣
    ちょっとした外出など

となっています。

七五三は子供のお祝いの場

お祝いの場での着物

準礼装・略礼装と呼ばれる着物を選びましょう。

七五三にぴったり 準礼装・略礼装の着物

訪問着

上前や下前いに柄が続いており、柄が綺麗に流れるように描かれています。

付け下げ

片山に向かい模様が全て上向きに描かれています。

最近は、訪問着と見た目がわからなくなってきているものも多くなってきました。

色無地

地紋があり黒以外の一色に染められており、柄がない無地の着物です。


江戸小紋

小さな柄を型染めしており全体が同じ柄になっています。

遠目には色無地に見えます。

着物の模様について

模様がある着物の場合、どのような模様なのか気をつけたいところです。

オススメ

  • おめでたい柄物
  • 秋の季節の花

などが描かれたものが良いでしょう。

花が描かれている着物は多くありますが、春だけの花が描かれていると季節がズレてしまいます。

四季の花が描かれているものや、四季問わずにめでたい花が描かれているものを選びましょう。

109205

帯にもランクがあります。

準礼装・略礼装の着物には袋帯を選びましょう。

結びは二重太鼓がベストです。

シンプルですが、品がある結びです。

アレンジも色々できる帯ですが、華やかに結びすぎると主役がお母さんになってしまいます。

七五三の主役が誰なのか忘れずに、品のある素敵なお母さんを演出しましょう。


コーディネート

七五三の主役である子供お父さんとのコーディネートについてお話します。

子供とのコーディネート

子供が主役の七五三。

だからお母さんは、子供と色がかぶったり目立たない方が良いと言われる方もいます。

やはり目立ちすぎは良くないでしょう。

でも例えばお子さんがピンクの衣装だった場合、お母さんは淡いピンクなど、お母さんの方が控えめな同系色であれば問題ないですよ。

普段、子供とのコーディネートをする時のように楽しんでみましょう。

お父さんとのコーディネート

お父さんの服装は、大半がスーツになるかと思います。

少し工夫をして、お父さんのネクタイやポケットチーフのお母さんの着物と同色にして家族の一体感を出すと素敵ですよ。

businessman-481113_1920
131022

ぜひ、七五三を素敵な一日にしてくださいね。