シミ・くすみ 美容

シミ対策はコレ!肌を睡眠で新陳代謝しよう!

2015/04/16

今回は、睡眠でのシミ対策についてお話していくのですが、
まず、シミとは一体なんなのでしょうか。

005147

シミとは、メラニン色素が肌に残ってしまった状態のことです。

私達の肌は28日のサイクルで新陳代謝が行われて、古い細胞は新しい細胞に
変わっていきます。

古い細胞の下に新しく細胞ができて、一番古い細胞は表面から
剥がれ落ちていくのです。

メラニン色素も新陳代謝で剥がれ落ち、シミの素が消えていくのです。

このお肌の新陳代謝が女性ホルモンによって一番活発になるのが睡眠中の、
ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯なのです。

このゴールデンタイムのことを、もっと知っていくことで、
シミ対策の大きな力を得られるんです♪

スポンサーリンク

ゴールデンタイムのシミ対策!

睡眠中のゴールデンタイムの時間帯は以前、22:00~26:00といわれていました。

しかし、最近になって眠りについてから1~3時間の時間だということが
分かってきました。

ですので22:00からの睡眠はムリ、という方もご安心を。

ちゃんとシミ対策ができます。

人間の睡眠には浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)がある、
ということは、たまにききますよね。

ターンオーバーは深い眠りの時に起きて、
眠りが深ければ深いほど活発に肌の新陳代謝を行うのです。

シミの素となるメラニンを剥がしていってくれるんですね!

この深い眠りなんですが、就寝後3時間がとても深いものになっているんです。

就寝後3時間の間にとても深い眠りの波が2度おとずれ、ホルモンが大活躍!

肌のシミ対策にバッチリなっていて、お肌を元気にしていくのです♪

この3時間にしっかりと肌の新陳代謝ができるように熟睡するための
コツをお伝えしますね♪

深い睡眠時間をつくるには

zzzL

夜は「今日もおつかれさま」と体をリラックスさせてあげ、
朝は「一日よろしくね」と起こすことで体にかかる負担を減らしていきましょう。

そうすることで深い眠りを手に入れ、肌の新陳代謝によるシミ対策になります。

◆寝る前のコツでシミ対策!

眠る前の体と心をリラックスした状態に導いてあげることが、深い眠りに直結して、
お肌のシミ対策として効果があるんです。

リラックスできる簡単な方法はゆっくり入浴することです。

副交感神経が優位になり、心身のストレスをほぐしてくれます。

他にも、ゆったりとした音楽を聴いたりアロマテラピーの香に包またり、
軽いストレッチも良いでしょう。

さらにパジャマや枕、ベッドなど、眠りを助けるものの見直しも良いと思います。

◆目覚めのコツでシミ対策!

ka-tenL

一日を体の負担なくスタートさせることで夜の快眠につながり、
肌の活発な新陳代謝によるシミ対策になります。

朝、床から出たらすぐに外の光を浴びましょう。

雨の日でもいいんですよ。

体が「明るくなったんだな、朝だから起きよう」と感じてくれてスムーズに
活動を開始してくれます。

起床の時間が明るくない、ということでもシャワーを浴びれば体が同じように
活動を始めてくれるので大丈夫です。

次は水分を摂ります。

内蔵にも朝を伝えてあげると動き出してくれます。

管理人のおススメは白湯(さゆ)を飲むことです。

最近、朝の起き抜けに飲み始めてみたのですが、体がスッキリ動き出し、
便通も良くなってきました。

ヤカンで沸かして50~60℃位に冷ました白湯を、ゆっくりすすっています♪