スポーツ

スーパーラグビーとは!日本が参戦その名もサンウルブズ!

日本のラグビーは世界に衝撃を与えました。

当時世界ランキング3位の南アフリカを撃破

終了間際の逆転劇は感動的でした。

日本は相手の反則で得たチャンスで、同点を狙うペナルティキックを選択しませんでした。

あくまでも逆転の勝利を望みトライを奪いとってみせたのです。

この勝利は世界のとびらをこじ開けました。

2019年のラグビーワールドカップ日本開催に向けた大きな一歩です。

そして日本のラグビーが踏み出す次の一歩はスーパーラグビーへの参戦です。

今回はこのスーパーラグビーとはなにか?ということから、リーグのしくみ日本チームの日程や対戦するチームなどを詳しくお伝えします。

  • スーパーラグビーとは?
  • スーパーラグビーでの日本のチーム名は?
  • スーパーラグビーと日本
  • 2016年のスーパーラグビーのチーム数
  • 2016年に日本が対戦するチーム
  • サンウルブズ以外で参加する日本選手!
  • 2016年スーパーラグビーでの日本の日程概要

の順でお話します。

【関連記事】
ラグビーのルールを簡単に!これでバッチリわかります

スポンサーリンク

スーパーラグビーとは?日本に何をもたらすの?

スーパーラグビーとは一体どういうものなのか?

ということから、お話させていただきます。

スーパーラグビーでプレーした日本人が得たことについても触れています。

スーパーラグビーとは?

スーパーラグビーとは、南半球のラグビー強豪国3カ国のプロチームが戦うリーグです。

オーストラリアニュージーランド南アフリカのチームが参加しています。

ラグビーのワールドカップで、それぞれが複数回の優勝を誇る3カ国!

世界最強のラグビーリーグと言ってもいいでしょう。

開催期間は2~8月で、2015年は15チームで争われていました。

2016年には、この最強リーグに日本チームの参加が決まったのです!

・・・・・・・

スーパーラグビーでの日本のチーム名は?

スーパーラグビーでの日本のチーム名はサンウルブズ

サン=太陽 ライジング・サン
ウルブズ=狼たち

という意味で、熱い魂をもった狼たちが世界ラグビーに打って出るのです。

sunrise-717816_1920SUNWOLVES

体はコンパクトでも狼のような結束と鋭さをもつ日本フィフティーン。

日本チームの編成は、ほぼオールジャパンメンバーとなる予定です。

2016年には日本のサンウルブズ以外にも2チームが新規加入します。

アルゼンチンのチームと南アフリカからの1チームです。

これで18チームと過去最高のチーム数となり、最強の座をかけて争うのです。

スーパーラグビーと日本

日本のラグビーは、まだまだ成長段階。

高いレベルに身をおくことで、伸びしろと課題がはっきり見えてくることでしょう。

スーパーラグビーが日本にもたらすもの

日本にとってのスーパーラグビーとは、これ以上ない強化策

2019年日本開催のラグビーワールドカップに向け、大いなる修行の場となるでしょう。

これは、全国大会に出場したチームが一気に強くなるのと一緒です。

大会終了後の練習も、全国大会レベルであり続けるためのものに変化します。

日本のサンウルブズは、スーパーラグビーという高いレベルの試合をし続けます。

毎週のように行われるスーパーラグビーでの真剣勝負。

経験値を高める日本チームのプレーの質は、確実に底上げされていくことでしょう。

274407

スーパーラグビーと日本人

実際に、スーパーラグビーでプレーした田中史朗(たなかふみあき)選手もスキルアップしています。

田中選手は日本人初のスーパーラグビープレーヤー

頭を丸め、気合十分でスーパーラグビーに参加しました。

スクラムハーフという、スクラムからパスをさばいてゲームメイクするポジションです。

所属したのはニュージーランドのハイランダーズというチーム。

ニュージランド代表オールブラックスのスター選手アーロン・スミスが同じポジションのライバル

当然、控え選手としてのスタートです。

開幕当初の田中選手は、アーロン・スミス選手に比べプレーがワンテンポ遅れていました。

その課題に気づいた田中選手。

ゲーム全体を良く見て、自分の動きをスピードアップさせていきました。

田中選手は躍動します。

周りの選手をうまく生かすことができるようになってきたのです。

そして第7戦には、ついに先発出場も勝ち取るほどに成長したのです。

2016年スーパーラグビーでの日本の日程概要

スーパーラグビーの試合開催の頻度は、おおよそ週に1回のペースです。

そして、試合開催のタイミングは週末に設定されているんですよ。

2016年も多くの人がスーパーラグビーの観戦を熱く楽しむことになるでしょう。

実は、シンガポール会場も日本のホーム

シンガポール国立競技場でも日本の主催試合が3試合行われます。

どうしてシンガポールで日本の主催試合が行われるかというと・・・

その理由1
スーパーラグビーへの参加を最後まで争ったのがシンガポールだった

その理由2
南アフリカが日本までの長距離移動を渋った

という理由があるのです。

276986シンガポール国立競技場

2016年のスーパーラグビーのチーム数

スーパーラグビーは、各国18のチーム4つのカンファレンスに分かれて試合を行っていきます。

  • 南アフリカカンファレンス(1)4チーム
  • 南アフリカカンファレンス(2)4チーム
  • オーストラリアカンファレンス 5チーム
  • ニュージーランドカンファレンス 5チーム

日本のサンウルブズ南アフリカカンファレンス(1)に所属します。

カンファレンスとはリーグのようなものです。

日本のプロ野球でいえば
セントラルリーグ(セ・リーグ)とパシフィックリーグ(パ・リーグ)。

セ・リーグとパ・リーグのチームは、交流戦も行っていますね。

セ・リーグのチームとパ・リーグのチームが対戦するというものです。

これがスーパーラグビーでも行われるのです。

2016年に日本が対戦するチーム

2016年の日本の試合は、計15試合の日程が組まれています。

南アフリカカンファレンス(1)のチームとの試合

各2試合
ホームで1試合・アウェイで1試合

南アフリカカンファレンス(2)のチームとの試合

1試合
ホームかアウェイのうち、どちらか一方の1試合

オーストラリアカンファレンスのチームとの試合

1試合
ホームだったり、アウェイだったり

ニュージーランドカンファレンスのチームとの試合

レギュラーシーズンでは試合がありません

日本チームが準々決勝以上に進めれば、対戦の可能性があります。

サンウルブズ以外で参加する日本選手!

2016年にスーパーラグビーに参入する日本チームサンウルブズ

実は、サンウルブズ以外のチームでプレーする日本選手もいるのです。

リーチマイケル選手はNZのチームチーフスで2016年のスーパーラグビーに出場します。

ラグビーワールドカップ2015で主将を務めたリーチ。

彼は2015年に出身地でもあるNZのチームチーフスでスーパーラグビーを戦いました。

そして来季2016年もチーフスとの契約を継続したのです。

日本チームには不参加ということになります。

これは残念なことのようにも思えますね。

しかし、日本の選手が一人でも多く高いレベルのラグビー経験を積めれば良いのではないでしょうか。

日本のラグビープレーヤーの強化という目的がかなえられるといえます。

ほかの日本代表選手もスーパーラグビーの他チームでプレーするかもしれませんね。

088976スーパーラグビー

2016年スーパーラグビーでの日本の日程概要

2016年にスーパーラグビーに参入する日本チームサンウルブズの日程詳細をみていきましょう。

見どころも要チェックです。

2016年のスーパーラグビー日本の日程(前半)

さあ!

日本ラグビーの歴史が新たに刻まれていきます。

開幕戦から見逃せません!

第1節日程

日本時間:2月27日(土)13:15~
会場秩父宮ラグビー場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.ライオンズ南ア(2)

【見どころ】

2016年日本のサンウルブズの開幕戦

日本のラグビーがまた新たに一歩を踏み出す日となります。

秩父宮のファンを熱狂させるプレーをお願いします!

第2節日程 試合なし

第3節日程

日本時間:3月12日(土)19:50~
会場:シンガポール国立競技場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.チーターズ南ア(1)

【見どころ】

同じカンファレンスのチーターズをシンガポールで迎えうちます。

アジアのラグビー界全体の盛り上がりを考えても、勝利を目指してもらいたいですね。

第4節日程

日本時間:3月19日(土)13:15~
会場秩父宮ラグビー場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.レベルズ

【見どころ】

レベルズは、日本代表の選手が3人も在籍しました。

まず、堀江翔太 選手は日本代表を辞退してまでもNZでプロ契約。

そのままの流れでスーパーラグビーのレベルズとの契約にこぎつけたのです。

そしてマレ・サウ選手。

時の人となった五郎丸選手と同じヤマハでもプレー。

ちなみに、ヤマハの監督は野球の注目高校生、清宮選手のお父さんなんですよ。

3人目の稲垣啓太選手はものすごいギョウザ耳。

スクラムなどのハードな練習が生んだ勲章です。

183cm、115kgの体にして運動量も豊富なプレーヤー!

第5節日程

日本時間:3月26日(日)19:50~
会場:シンガポール国立競技場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.ブルズ南ア(1)

【見どころ】

同じカンファレンスのブルズとの対戦。

2015年の夏には日本のラグビーチーム、キヤノンとの強化試合を行っています。

フィジカルの強さで圧倒するブルズが50-3で勝利。

日本の強みである早い集散でどう対抗できるのか。

第6節日程

日本時間:4月2日(土)24:05~
会場:アウェイ
対戦:キングズ南ア(2)vs.サンウルブズ

【見どころ】

2016年より参戦するチーム同士の対決!

互いにスーパーラグビーのシーズンのスタートをどう切っているのか?

第7節日程

日本時間:4月8日(金)26:10~
会場:アウェイ
対戦:ストーマーズ南ア(1)vs.サンウルブズ

【見どころ】

ストーマーズでは、前ラグビーワールドカップ日本代表のエディーHCが指揮を執る予定。

日本は勝利でその恩に報いる!

第8節日程

日本時間:4月15日(金)26:10~
会場:アウェイ
対戦:チーターズ南ア(1)vs.サンウルブズ

【見どころ】

同じカンファレンスのチーターズとの2戦目。

アウェイに乗り込んでの試合です。

前回の対戦経験を生かした成長が、日本のサンウルブズにみられるか?

第9節日程

日本時間:4月23日(土)14:15~
会場秩父宮ラグビー場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.アルゼンチン

【見どころ】

スーパーラグビー参加初年度ながらも強豪国のアルゼンチンに日本のサンウルブズが立ち向かう。

第10節日程 試合なし

2016年のスーパーラグビー日本の日程(後半)

第10節の、休みの週が終わりました。

次は、オーストラリアのチームとの対戦が多く組まれる5月に突入です!

第11節日程

日本時間:5月7日(土)14:15~
会場秩父宮ラグビー場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.フォース

【見どころ】

フォースに在籍した山田章仁選手は2015年ラグビーワールドカップで輝きを放ちました。

3戦目のサモア戦。

ライン間際でパスをもらうと、相手のタックルを1回転してすり抜けたのです。

そのままゴールラインに飛び込んでのトライには鳥肌が立ちました。

フォース戦での躍動も期待大です。

第12節日程

日本時間:5月14日(土)20:45~
会場:シンガポール国立競技場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.ストーマーズ南ア(1)

【見どころ】

日本代表元HCのエディーのチームとの2戦目!

エディー時代からの更なる進化を日本チームに期待です。

第13節日程

日本時間:5月21日(土)14:05~
会場:アウェイ
対戦:レッズvs.サンウルブズ

【見どころ】

レッズにはツイヘンドリック選手がいました。

NZ出身で、2014年に日本に帰化した選手です。

パワフルなプレーが持ち味のツイヘンドリック選手。

アウェイのプレッシャーをそのパワーで突破です。

第14節日程

日本時間:5月28日(土)18:40~
会場:アウェイ
対戦:ブランビーズvs.サンウルブズ

【見どころ】

立川理道(たてかわはるみち)選手が契約したブランビーズ。

立川選手には心に期するものがあるはずです。

ブランビーズでの公式戦出場が叶わなかったのです。

苦しんだシーズンは、きっと大きな飛躍の肥やし。

キャンベラの観衆に存在感を発揮してくれることでしょう!

第15節日程

日本時間:7月2日(土)14:15~
会場秩父宮ラグビー場(ホーム)
対戦:サンウルブズvs.ワラタス

【見どころ】

ワラタスの一員であった松島幸太朗選手のスピードに大注目です。

南アフリカ生まれの松島選手は、7月15日に対戦するシャークスにも関わりがあります。

シャークスの若手チームでレギュラーを張っていたのです。

そしてなんと!

南アフリカのアンダー20の代表候補にもなり、辞退ののちに日本代表となっています。

日本以外でも名のある松島選手から目が離せません。

第16節日程

日本時間:7月9日(土)24:05~
会場:アウェイ
対戦:ブルズ南ア(1)vs.サンウルブズ

【見どころ】

アウェイに乗り込み、同じカンファレンスのブルズとの2戦目。

強化試合で日本のキヤノンを寄せ付けなかったチームですね。

スーパーラグビーのレギュラーシーズン終了が迫る中、日本チームがしっかり強化できたか、結果が求められる一戦です。

第17節日程

日本時間:7月15日(金)26:10~
会場:アウェイ
対戦:シャークス南ア(2)vs.サンウルブズ

【見どころ】

シャークスは、2016年スーパーラグビーでの日本チームの総決算を見せるにはもってこいの強豪。

2015年の成績は7勝9敗と振るわなかったですが、2012年には準優勝しています。

この後、7月後半準々決勝・準決勝
8月6日(土)決勝が行われます。

【関連記事】
ラグビーのルールを簡単に!これでバッチリわかります