関東

神田祭2015日程!神輿と出し物の行列は参加者数千人!

2015/05/25

神田祭は神田明神(正式名称は神田神社)で2年に一度開かれる祭です。

日本3大祭りにも数えられ、歴史は創建された西暦730年の奈良時代から千何百年も続いているんです。

511

さて、神田祭は今回、2015年は遷座(せんざ)400年という特別な年を迎えました。

遷座とは神様の座を他の場所に移すことです。

神田明神は今でいうと東京の大手町に建てられたのですが、ちょうど400年前に現在の神田に移ってきたんです。

今回は、記念すべき2015年の神田祭、日程と見所を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2015年 神田祭の日程

2年に一度の待ち焦がれた神田祭は大変な熱気に包まれます。

奇数年が神田祭の行われる年ですので、2015年は2年ぶりの開催年となります。

特に盛り上がりをみせる行事、神幸祭(しんこうさい)と神輿宮入(みこしみやいり)は土曜日と日曜日に行われます。

毎年5月15日に行われる例大祭の直前の土日に神幸祭と神輿宮入の日程が入ります。

この2つの行事は大きな見所となりますが、他にも欠かせない行事があって、そちらも見所として外せません。

下の動画では、神輿を担いで練り歩く、いくつもの姿や、神輿がアップになっていたりと、色々な場面が映されています。

後半には、小さな子供たちがハッピを着て一生懸命に子供神輿を担いでいたりします。

動画の最後のあたりでは、神田明神で見物人の群集の中で担ぎ手たちが神輿をせり上げ、江戸っ子の粋な姿を披露しています。

神田祭りの空気感が伝わってきますので、ぜひ、ご覧いただければ、と思います♪

・・・・・・・

5月7日(木)の日程

夕方~夜 鳳輦・神輿遷座祭(ほうれん・みこしせんざさい)

この儀式は神田祭を始めるため、神田明神境内で行われる大事な儀式です。

御神霊を本殿から、鳳輦と神輿にお遷(うつ)しするのです。

鳳輦とは、神輿の一種で、屋根の上に鳳凰(ほうおう)が飾られています。

03

ちなみに、神輿の形は神社を小さくしたものなんです。

御神霊を松明(たいまつ)の灯で導くのは白装束の神職たちです。

雅楽がなるなか、神職たちは「おー、おー」と声を出します。

御神霊がお遷(うつ)りになる道を守るための、注意を促す声です。

薄明かりの中の松明の灯は、幽玄な、厳かな世界を照らします。

この空間を味わえて、2015年の神田祭のスタートに立ち会えるのが見所と言っていいでしょう。

8日(金)の日程

夕方 氏子町会神輿神霊入れ

神田明神を氏神とする108の氏子(うじこ)町会が神輿を持っています。

神田、日本橋、秋葉原、大手、丸の内の氏子町会の神輿は、全部で200基以上。

その氏子町会の神輿にも御神霊にお遷りいただくのです。

それぞれの町会は神酒所と呼ばれる、神様にお酒などを捧げる場所を持っています。

神酒所には神輿も置かれているので、そこに神田明神の神職がやってきて神輿神霊入れがされます。

各町内の、そろいの半纏を着た人たちが参列する中、厳粛な神事が行われます。

さあ、2015年の神田祭の準備は整いました!

9日(土)の日程

終日 神幸祭

神田明神では、早朝午前5時から神社の3基の鳳輦・神輿の飾りつけが始まります。

そして午前8時、神幸祭の無事を祈願した後、3基の鳳輦・神輿と共に、108の氏子町会の神輿が30kmの道のりをスタートします。

神幸祭の行列は、その数1000名
大行列ですね。

神田明神を出発した500mにも及ぶ神輿の列は、神保町の古本街を抜けて10時過ぎには大手町、丸の内へ。

このあたりには、遷座する前の神田明神が奈良時代からありました。

079716

午後には神田駅東側の問屋街を巡り、午後4時過ぎには日本橋の三越前に。

ここで、御輿の行列とは別の、附け祭と呼ばれる、さまざまな出し物の行列と合流します。

その人数は数千人に及びます。

この行列は毎回、色々な出し物がみられ、過去には相馬の騎馬武者の行列や、大きな鬼の首、花さか爺さん、サンバのチームなどが出ていて見所満載。

2015年の今回は江戸時代の出し物を復元、浦島太郎の曳きものが登場する計画があるので楽しみです。

合流した行列は神田駅方面に北上し、さらに秋葉原駅を抜けて秋葉原電気街をぐるっと回った後、午後の7時ごろ神田明神に戻ります。

神幸祭の締めも見所です。

大鳥居前からは鳳輦・神輿が参道の坂を駆け上がり、境内に入ると、一本締めで神幸祭の日程は締められます。

10日(日)の日程

終日 神輿宮入

さあ、いよいよ町会の神輿が躍動する江戸っ子の晴れ舞台。

今年、2015年も神田明神の境内が朝から晩まで熱気に包まれることは、間違いありません!

大鳥居から参道を「セイヤ!セイヤ!!」と一気に駆け上がる町内自慢の神輿。

宮入りした境内には担ぎ手と見物人の人、人、人で溢れかえります。

そこで高々と御輿が差し上げられると観客の盛り上がりと担ぎ手の心が最高潮に達します。

お祓いを受けた神輿は町に出て、町を練り歩くことで町を清める役割を担います。

境内を出ても見所があります。

湯島坂から秋葉原まで神輿が密集、宮入を待っています。

秋葉原の駅前の歩行者天国では宮入でお祓いを受けた20基以上が、神輿振りを競うイベントが繰り広げられます。

60

神田明神お膝元の外神田連合の町会が中心となり、昼過ぎに一斉に練り歩きます。

ぼんやりしてしまうと、担ぎ手の渦のなかに入ってしまうほどの密集です。

見所、というよりも祭りに参加する、といった方が良いのかもしれません。

14日(木)の日程

午前11時 献茶式(表千家家元奉仕)

表千家の家元が茶をたて、明神様に奉納します。

昭和37年から続く式典で、雅楽が奏でられるなかで始まり、厳粛に執り行われます。

午後6時 明神能・幽玄の花(金剛流薪能、有料)


神田明神の境内に舞台
が設置され、上演されます。

午後6時から雅楽と、巫女舞が披露され、6時半からは狂言や能などが演目に入っています。

席数が限られていますので、当日券も早めに完売してしまいます。

わかりやすさを目指した舞台となっていることも見所となっています。

今年、2015年は、仕舞という初心者向きの能で、鞍馬天狗が演じられます。

仕舞では物語の盛り上がる部分だけをつないでいるので、分かりやすいんですよ。

日程は雨天でも決行されます。

15日(金)の日程

 
午後2時  例大祭

例大祭は一年の中で一番大事な神事で、神田祭の日程の軸になっています。

神田明神の本殿で、氏子町内の代表も参加して執り行われます。

参列者を祓い清めた後、巫女舞や神楽が奉納されます。

また、宮司が氏子の平安や日本全体の繁栄をお祈りします。

神田祭は2年に1度ですが、例大祭は毎年600名ほどの氏子の参列で行われています。

神田祭のトリビア

ここまで、神田祭の日程と見所を紹介してきましたが、2015年の今年から400年前のことを知っていただきたいと思います。

神田祭の見所をもう少し深く楽しめるかもしれません。

神田明神が建てられたのは奈良時代の730年のことで、出雲出身の真神田臣によってです。

場所は現在の東京大手町付近です。

それから900年弱の後、現在の東京の外神田に移ってきました。

実は神田明神を移転させたのは江戸幕府

594d70185295dc5e6cc37bdeb19f98a7_s

関ヶ原の戦いにあたって、徳川家康は、神田明神に戦勝祈願をしたんです。

戦いは見事勝利したため、神田明神はより一層尊び、崇められるものとなりました。

江戸城の増築にあたり、江戸幕府は徳川の世を守ってもらうため、神田明神を移転させたのです。

江戸城の表鬼門となる北東の方向にある神田がその場所でした。

神田明神は江戸総鎮守と呼ばれ、土地の神を鎮め、江戸城や日本という国を守護する神社とされました。

それが1616年のことであったので、2015年は遷座400年目を迎える特別な年なのです。

また、家康が関が原で勝った日は、当時の神田祭が開かれていた日と同じ、9月15日でした。

それで、神田祭は縁起が良いものとされ、徳川幕府から守られていきます。

江戸時代の神田祭では、山車を曳くのが中心でした。

将軍様に観てもらうため、江戸城内に山車をいれることも許されていたのです。

それで、神田祭は天下祭と呼ばれ、発展していきました。

神田祭りが京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に日本3大祭りに数えられ、並び称されるわけですね。

粋な江戸っ子の曳く山車は8m!もの高さがあったそうですよ。

神田明神へのアクセス

JR山手線・京浜東北線 秋葉原駅の電気街口を出て徒歩7分
JR中央線・総武線 聖橋口を出て徒歩5分
メトロ銀座線 末広町駅から徒歩5分
メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅の聖橋口から徒歩5分
メトロ日比谷線 秋葉原駅から徒歩7分
メトロ千代田線 新御茶ノ水駅の聖橋口から徒歩5分