バスケットボール

バスケのシュートのコツ!基礎をしっかり解説します

2016/10/25

バスケのシュートについて

  • フォームのコツ
  • ボールにかける回転
  • 練習のコツ

などを解説です!

バスケのシュートは、ゴールに向かって全身の筋肉を連動させるのもコツなんです。

初心者の方は、この記事の説明を「1日ですぐに全部マスターしよう」と思わなくて大丈夫です。

「こんな体勢をして、それで、腕はこの位置で・・・」

と、初めは体がガチガチになるかもしれません。

でもシュートをしっかり打ち続ければ、少しずつ出来ることが増えていきます。

体が自然に動いてくれるようになるんです。

スポンサーリンク

バスケのシュート!フォームのコツ

バスケのシュートのコツは、まずフォームから始めます。

ボールをスムーズにゴールまで届かせるために、体もスムーズに動かしましょう。

シュート時のスタンス

バスケのシュートのフォームでは、両足は肩幅程度に開くのがコツ。

シュートを打つ時、利き手側の足を少し前に出します。

右利きなら、前に出す足は右足です。

ヒザは軽く曲げた状態にします。

ヒザが伸びる力もボールの推進力に変えます。

同じように、利き手側の肩も少し前に出します。

右利きなら、前に出すのは右肩です。

利き手側の足と肩を同じように前に出すのは、体のねじれを防ぐため。

をねじれのない1本のバネにするイメージです。

そのバネの力で、ゴールに向けて真っすぐにボールを飛ばすのです。

ちなみに真っすぐというのは横方向について。

縦方向については高いループをかけて、円を描く感じでシュートしましょう。

レーザービームのように直線的なシュートだと、ボールはリングの中に落ちてはいきません。

この時、背中を丸めてしまわないように注意です。

003776バスケ

脇を閉めてボールをセット!

バスケのシュートのフォームでは、ボールをおでこの辺りにセットします。

この時ヒジが開きすぎないように注意するのがコツです。

ヒジを肩より少し内側にして脇を閉めるのです。

はじめは

「ヒジを閉じるなんてムリ!」

「間違ったことを教わっている!」

と思うのですが、シュートは全身の力の向きシュートの方向に向けることが大事です。

下から順に足首・ヒザ・股関節、そしてヒジ1本のバネにするイメージですね。

ヒジの部分だけが曲がっているバネでは、ボールをまっすぐに飛ばすことが難しいのです。

ボールの持ち方のコツ

次はシュートする時のボールの持ち方のコツです。

ここでは、利き手を右手として解説していきます。

シュート体勢になった時、ボールを持つのは利き手の右手だけを使います。

手のひら全体で持ちましょう。

ただしこの時、手首の付け根だけはボールに触れてはいけません。

べったらとボールを持つと、機敏なボールコントロールができなくなってしまうんです。

もう片方の左手は、ボールのバランスが崩れないためにそえるだけです。

バスケのシュート!リリースのコツ

バスケのゴールに向けて、シュートをリリースする時のコツについてです。

ポイントとなるのはボールの回転体の方向です。

シュートに回転をかけよう!

シュートを放つ時に使うのは、ボールを持っている利き手のみです。

もう片方の添えている手には、力を加えないのがコツ。

あくまで利き手がシュートを放つバネの先端。

そのバネに添えているだけの手の力で邪魔をしてはいけないのです。

シュートを打つ力をボールに加える一瞬

この一瞬のなかで、手のひら全体で持っていたボールを、指先まで転がしていきます。

転がしていった回転を止めず、バックスピンにしてリリース!

ボールに回転ををかける理由

ボールに回転(バックスピン)をかけると、ボールの軌道がブレないんです。

たとえばサッカーのシュートを無回転で放つと、ボールが揺れながら飛びます。

バスケのシュートがユラユラしたら、入るシュートも入らなくなってしまいます。

回転をかける利点はもう一つあります。

ボールがリングに当たった時の衝撃が回転によって吸収されるのです。

するとボールはリングから弾かれづらくなりますね。

リングからあまり遠ざからないボールは、リングに吸い込まれる可能性が上がるのです。

指先をゴールに向けよう!

シュートした指先バスケのリングに向けるのも、シュートの成功率が上がるコツです。

シュートを打つ、利き手の指先

ここでも利き手を右手として解説します。

ボールに最後まで触れているべき指は、右手の人差し指中指です。

その両方でもOK。

これらの右手の指でしっかり回転(バックスピン)をかけ、シュートの成功率を上げましょう。

そしてシュート後の右手の指先が、リングに向いていることが大切です。

シュートを打った手が、左右どちらかにねじれていたら、シュートの方向がズレてしまいます。

また添えている左手は、ボールに力を加えません

左手は、上に向けたままにしておきましょう。

212775

足先をリングに向けるのも良いシュートのコツ!

次はシュートを打つ時の足先です。

ボールをリリースするする時のコントロールには、足先も大きく影響するのです。

ボールから一番離れている足先もしっかり意識しましょう。

足先をバスケのリングへまっすぐに向けるのも、良いシュートのコツなんです。

足先がリングに向いていないと、体がねじれたフォームになります。

ねじれた体は正確なシュートのコントロールを生みません。

足先がリングに向いていないプレーヤーは、けっこう多いと思います。

右利きの人であれば、足先がリングよりも左に向いていたりしますので、注意が必要です。

体がねじれている状態を修正すれば、ボールのコントロールも向上するのです。

バスケのシュートを練習するコツ

最後の章です。

ここではバスケのシュートを練習するコツとして、ポイントを押さえていこうと思います。

でははじめに、ジャンプシュート後の着地点について見ていきましょう。

もとの位置に着地するのがコツ

バスケのジャンプシュート後のは、シュートを打った場所に着地するのが基本です。

後ろや横に飛びながらシュートを打つのは応用編です。

まずは真上に飛んでシュートを放ち、シュートを打った場所に着地しましょう。

この理由は、きちんとしたシュートフォームを固めるため。

バスケのシュートがうまくなるコツとして、フォームの基本をしっかり練習することなのです。

基本ができていないうちに応用のシュートをすると、悪いシュートフォームのクセがつく原因に!!

基本のシュートも応用のシュートも、どちらも入らなくなってしまうのです。

ジャンプの頂点でシュート!

ジャンプシュートでは、ジャンプした一番高いところでボールをリリースしましょう。

これはディフェンスのブロックを避けるためです。

8割の力でシュートするのがコツ!

バスケのシュートは、ゆとりのある状態で打つのがコツです。

8割の力でシュートを打つのです。

リラックスしたリズムでのシュートを打つために、シュートの練習を重ねましょう。

ムダな力が抜けて、スムーズにボールをゴールまで運べるようになります。

まずゴール真下からのシュート練習から始めます。

そして少しずつ離れた場所からも余裕を持って打てるようにしていくのです。

シュートを決められるエリアが広がると、プレーにも自信がついてきますよ。

03702ce82eee9cea1ed8e75d70c60b68_s徐々

体全体の筋肉をつけましょう

バスケのシュートが上達するため、体全体の筋肉をつけましょう。

バスケのシュートは、腕だけでするものではありません

たとえば、背中を丸めずにスクワットを行ってみましょう。

これを続けると下半身の筋肉が強くなり、シュートが楽に打てるようになります。

このような筋トレを全体に行いましょう。

腕立て腹筋背筋アームカールなどですね。

体の各パーツの力を強化して、体を一つの強力なバネにするのです。

undou_squat

体の筋力をゲットするには、筋トレに加えて持久力をつける練習も大切です。

走り込みも続けていくと、アドレナリンも手伝ってくれて案外楽しくなるんですよ。

試合中にしっかり走れる持久力があれば、シュートにもゆとりが生まれるのです。

8割の力でシュートを放ち、フォロースルーもしっかり行えるようになります。

シュートを打った後も、手首や指先がしっかりとリングに向かっているかを確認するのです。

バスケのコート全体が見えるようになる

体力がないと、プレー中は「ハアハア、ゼイゼイ」と呼吸も荒く、自分の周辺しか見えていなかったりします。

それが筋力持久力といった体力がついてくると、プレーに余裕が出てきます。

視界が広がり、バスケのコート全体が見渡せるように。

すると状況判断が的確になり、先を見越したプレーができるようになりますよ。

198329ライン

おわりに

初めは誰もがぎこちないシュートです。

ぎこちない分練習によってフォームが上達コツをつかみ取る喜びがあふれています。

ご自身のシュートの練習や、ゲームでのプレーを動画で取ってもらいましょう

もちろん、自撮りでもOKです。

「あっ、ここのフォームを改善しよう!」

というポイントが見つかるハズですよ。

そうやってシュートを練習したら、この記事を読み直してしてみるのがオススメです。

今回、意味が分からなかったことも、体感で理解しているハズ。

同時に、新しい課題(修正するべきポイント)も見つかると思います(^o^)

NBAの一流プレイをWOWOWで観て学ぼう!

バナー原稿imp

580153-compressor

【関連記事】

バスケのシュートについて役立つ情報を集めました。

バスケのシュート!おもな種類はコレ!

バスケのスリーポイント!コツはこの2つ

バスケのフリースロー!コツはこの5つです

バスケのレイアップのコツをしっかり解説!

バスケの1on1!テクニックはまず優位にボールを持つこと