バスケットボール

バスケのリバウンドの練習!これでゴール下の王者に

2016/10/27

リバウンドの練習をしっかりと積めば、バスケの試合を制することができます。

相手の攻撃のチャンスを減らし、自分のチームの攻撃の機会は圧倒的に増えるからです。

相手チームのシューターには
「落ちたシュートが全部とられてしまう」
という大きなプレッシャーを与えることができます。

では、バスケのリバウンドのコツをあげてみます。

  1. リバウンドが落ちる場所を予測する!
  2. リバウンドをとった後のボールキープをしっかりと
  3. リバウンドをとるために、スクリーンアウトという壁をつくる
  4. リバウンドをとる方法は、両手・片手・弾くの3つ
  5. スクリーンアウトという壁を突破するコツ
  6. アウトサイドからも走り込んでリバウンド!

このリバウンドのコツを把握したうえで練習を行えば、効果がアップします。

このコツは、当サイトの
バスケのリバウンドのコツ!これをマスターして試合を制する
ですべて詳しく解説していますので、この記事と一緒に見てもらえれば便利です。

それでは、バスケのリバウンドの練習方法について見ていきましょう。

一人で行えるリバウンドの練習からです。

スポンサーリンク

バスケのリバウンドを練習!1人編

ディフェンスやリバウンドは気迫が大事ということはよく使われる言葉ですね。

その気迫を十分に出し切れるように、まず練習をして備えましょう。

バスケのリバウンドの練習は、コツコツと積み上げた分だけ上達します。

自分で上に投げて取る練習

バスケのボールを、自分で上に投げて取るリバウンド練習です。

この練習は、上に投げたボールをジャンプした最高点でつかみ取ります。

両手でボールをがっちり取ったり、片手で最高点の高いリバウンドを練習しましょう。

ポイントは、空中でボールをグイッと胸元に引き付けることです。

相手チームからボールを守るクセを、練習のからつけておきましょう。

さらに、着地したらヒジを張ってボールをガードします。

ボードをタッチする練習

ボードをタッチする練習は、回数を決めて何度もジャンプしましょう。

目標とする高さは、リングのネットを目指してジャンプでも全く問題なし。

もちろん、リングに触ってもOK。

目的ジャンプ力をつけることと、バスケのリバウンドの飛び方を体に覚えさせること。

ジャンプ力をアップさせよう!

ジャンプ力をつけるにはまず、スクワットが有効ですね。
重りを持たなくても十分効果があります。
私の場合は膝に負担をかけないように、ハーフスクワットにしていました。

足に効かせるスクワットのコツは、背中は丸めないことです。

さらに言えば、上半身の筋力をつけることでも、高く飛べます。
腕の振りだけでもジャンプが加速するのです。

当たり負けしないパワフルなリバウンドができますしね。

193267

バックボードにあてたボールをとる練習

自分でバックボードにあて、跳ね返ってきたバスケットボールを取る練習をしましょう。

この練習は、オフェンスリバウンドを取った時のシュートの練習にもなります。

パターン1

ボールを空中でつかみながら、横向きに着地します。
そのままリングに向かってターンし、シュート!

パターン2

ボールを空中でつかみながら、今度は後ろ向きに着地します。
リング方向にターンしながらフックシュート!
もちろん、パワフルなターンからの通常のジャンプシュートもアリです。

バックボードで連続タップする練習

バックボードでボールを連続タップする練習をしましょう。

この練習は、リバウンドのボールが1回のジャンプで取れなかった時のためのものです。

何度も飛んでタップして競り合い、自分が取れるタイミングにしてボールをもぎ取るシチュエーションです。

その競り合いは片手になりますので、タップは片手で行います。

回数を決め、両足で飛んだり、片足で飛んだりしましょう。

最後は、がっちりとバスケットボールをつかみ取りましょう。

片手で巻き込むような取り方もしてみましょう。

260235

バスケのリバウンドを練習!複数人編

この章では、複数人でするリバウンドの練習を紹介します。

バスケの実戦でのリバウンドのコツがつかめる練習です。

サークルでスクリーンアウトの練習を!

フリースローなどのサークルを使って、スクリーンアウトの練習をしましょう。

スクリーンアウトとは、シュートが打たれた時にディフェンス側が自分のマークマンの進路をふさぐこと。

体を壁にして、オフェンス側がリバウンドをとりに行けなくするのです。

このスクリーンアウトはブロックアウトボックスアウトとも呼ばれているものです。

このリバウンドの練習は、オフェンスとディフェンスに分かれた2人で行います。

サークルの中においたバスケットボールを奪い合うのです。

では、やり方の順番をみていきましょう。

  1. ボールをサークルのまん中におく
  2. ディフェンスはサークルの内側に、オフェンスはサークルの外側に立ち、互いに向かい合う
  3. オフェンス側がサークルの中のボールを取りにいき、ディフェンス側はそれをスクリーンアウトで阻止する

というものです。

練習のコツ

ディフェンス側は腕を広げ腰を下ろし、足を広げましょう。
そして尻で密着し、オフェンスにプレッシャーをかけて動きを止めるのです。

オフェンス側は、フェイントを使うなどしてスクリーンアウト突破の練習をしましょう。

258754リバウンド

リバウンド&シュート

バスケのゲームでオフェンスリバウンドがとれた時に、シュートに持ち込む練習をしましょう。

混戦の中で当たり負けしないプレーヤーは魅力的ですね。

シュートを打つ(はずす)人間が1人で、リバウンドをとるプレーヤー3人が丁度いいと思います。

では、そのやり方です。

  1. シュートを打つ(はずす)
  2. リバウンドを3人で奪いあう
  3. リバウンドをもぎとったプレーヤーがシュートを狙う
  4. リバウンドをとれなかったプレーヤーはディフェンスにまわり、シュートを阻止する

これをシュートが決まるまで行います。

・・・・・・・

シューターをスクリーンアウトする練習

試合と同じように、シューターをスクリーンアウトしてリバウンドを確保する練習をしましょう。

これは2人でする練習で一人はシューター、もう一人はディフェンスになります。

では、このリバウンド練習のやり方です。

  1. ディフェンスがバスケットボールを持ち、離れた場所に立つオフェンスにパス
  2. オフェンスはボールを受けたらすぐにシュート!
    ディフェンスはブロックに飛び、シュートにプレッシャーをかける
  3. シューターはリバウンドに向かい、ディフェンスはスクリーンアウトで阻止
  4. シュートが外れた場合、リバウンドをとった方がオフェンスとなりシュート!
    もう一人はそれを防ぐディフェンスへ

ディフェンス側はこの練習で、シューターにスクリーンアウトをしっかりかける練習ができます。

シューターは、プレッシャーのかかるシュートオフェンスリバウンドの練習ができます。

198329ライン

さいごに

シュートのボール拾いをする時も、リバウンドの練習と考えましょう。

リバウンドに飛ぶタイミングを養えます。

さらに!

リバウンドがどこに落ちるのか?
ということを考え、経験していきましょう。

その経験と知識が、バスケのリバウンドの力を上げてくれますよ。

NBAの一流プレイをWOWOWで観て学ぼう!

バナー原稿imp

580153-compressor

【関連記事】

バスケのリバウンドについてのお役立ち情報を集めました。

バスケのリバウンドのコツ!これをマスターして試合を制する

バスケのセンターの動き方ってどうするの?解説しましょう

バスケのブロックショット!コツは反則をしないこと

バスケのスクリーンの種類!この4つを覚えよう