睡眠

朝に起きる方法はコレ!ムリなくスムーズですよ

2016/02/05

目覚ましが鳴って、止めたはいいのですが、なかなか起きられない。

そんなことはありませんか?

頭では起きようとしても、体はまだ眠りのなかにいるのです。

体が眠りのなかにいるということは・・・。

体を目覚めさせる方法を考えればいいわけです。

その方法は、目覚ましが鳴ったら布団のなかで体を少し動かしてあげること

それが朝、楽に起きる方法なんです。

スポンサーリンク

朝起きる前の体は休息している

朝に起きる方法は、まず体の状態を知ることから始まります。

目覚ましが鳴った時の体の状態はどうなっているのでしょうか。

142122

朝、体は硬くなっています

体は休息状態にあって、動かしていない筋肉も硬直しているんです。

さらに、体温も低くなっています。

カロリーを消費させて体温を上げていては、体を休ませることができませんからね。

そんな休息状態の体に、
「起きよう!」
と、急に言っても負担がかかるだけです。

楽に朝起きるためには、この体を目覚めさせ活動状態に導いてあげましょう

では、どうするのか?

布団のなかで体を軽く動かしてあげましょう

硬くなった体をほぐし、血流をアップさせることで体温も上がります。

次の章では、朝起きるための体を動かす方法をみていきましょう。

070509

朝起きる方法は体を動かすこと

朝起きるための体を動かす方法です。

朝、布団のなかで体を動かすやり方は、ご自分の動かし方でOKです。

例えばこんな感じのことです。

  • 肩の関節をまわす
  • ヒザを片方ずつお腹のほうに上げる
    両手でかかえるとラクです
  • 腰を丸めたり、背中を伸ばしたりする

目的体をほぐして体温をあげるということです。

柔軟体操ストレッチをするというイメージですね。

325820

次は、朝起きるために体に力を入れる方法を紹介します。

体をほとんど動かさず、筋肉にギューっと力を入れるだけでも体が目覚めるんです。

力を入れるのは、呼吸を止めずに10秒間くらいがちょうど良いでしょう。

例を出しますね。

胸の筋肉(大胸筋)を使う運動

  1. 胸の前で左右の手のひらを合わせる
    ヒジも張ってください
  2. 左右の手のひらでギューっと押し合う
    胸の筋肉を意識して使いましょう

背中の筋肉(広背筋)を使う運動

両手のひらを組んで左右に引っ張り合いましょう。

ヒジを張り、胸の前で引っ張り合うのです。
背中の筋肉を意識して使いましょう。

7fd4394ab41d8dc0b1cba73b26a665e0_m

これらの運動は、普段から日中に行っても筋力アップに効果があるんですよ。

それでいて、あまり疲れません。

力を入れる筋肉はどこでも良いと思います。

例えば「お腹をへこませたいな」と思っていたらギューっと腹筋に力を入れるとか。

このような運動で、体は活動できる状態に(^o^)

朝、無理をせずに起きるこの方法で、一日を快適にスタートさせてみませんか。