睡眠

寝るときパジャマがいいんです!その訳はコレ

寝るときの服装はどんなものを着ていますか?

そのまま寝るのが楽だから、部屋着のジャージで就寝という方も多いのではないでしょうか。

ところが、寝るときパジャマを着たほうが快眠につながるんです。

気持ちよく寝ることが目的で作られているパジャマです。

就寝前にちょっと着替えるだけで、翌朝の目覚めが快適になるんです。

スポンサーリンク

寝るときパジャマが良い理由

自宅に帰ったら外出着やスーツ、作業着といったものから部屋着に着替える方が多いですね。

私は疲れ果ててスーツのまま寝ることがありましたが(^^;

いったん部屋着に着替えると、そのまま寝てしまうのが楽になってしまいます。

ジャージでコロンと布団に入ってしまう時の幸せ感もあったりします。

ところがやっぱり、寝るときパジャマが良い理由があるんですね。

109338

ゆったり感

寝るときパジャマだと、ゆったり感があります。
体の緊張感や締めつけがないんですね。

ジャージなどにはきつめのゴムが入っていたりします。
寝苦しくなりますね。
ジャージの圧迫感で、私の場合は肩がこった状態で目覚めることがあります。

女性の場合、下着も夜用のものにしましょう。
スポーツタイプのものも圧迫感が少ないので試してみる価値アリです。

肌触り

ジャージやスウェットの肌触りはゴワゴワしています。
これは、寝返りのときに気持ちよくありません。

安眠の妨げになるということですね。
肌触りに加えて、重さも感じられるはずです。

対して、パジャマの柔らかな感じは安心感と開放感と共に寝ることが可能です。

寝るときどんなパジャマがいいの?

寝るときパジャマが良い理由の次は、どんなパジャマが良いかというお話です。

オススメするパジャマは天然素材のものですね。

つまりコットンシルクのパジャマがいいんです。

この2つの素材の良いところ

  1. 肌触り
  2. 通気性

があげられますね。

肌触りの良いパジャマを着ると、一日の頑張った疲れのごほうびに感じられませんか。

通気性の良いパジャマは、眠りについてからの汗をサラサラにしてくれますね。

これは、寝心地の大きなポイントだと思います。

シルクについては保温効果もあげられますね。

寝るときパジャマで睡眠の質をアップ!

寝るときパジャマを着ることで、良い睡眠を手に入れましょう。

先述の肌触り通気性ゆったり感をもったパジャマを着て寝るのです。

快適なパジャマを着ることで、寝つきの時間が短くなるという報告があります。

寝ている途中で起きてしまう回数も減るそうです。

快眠は疲れをしっかり取ってくれるので、翌日は気持ちよく1日をスタートできます。

清潔なパジャマで睡眠を

089246

清潔なパジャマは睡眠の質をアップします。

汗やヨゴレを吸ったパジャマをこまめに洗濯しましょう。

清潔になったパジャマは通気性や肌触りがいいですからね。

気持ちよく眠りにつけますし、体の疲れもとれやすいです(^o^)