更年期

男性の更年期のうつを治す食べ物!玉ねぎがイイんです

玉ねぎを食べて元気になりましょう!

じつはこの玉ねぎ男性の更年期障害で表れるうつ病を治す食べ物として、とってもオススメです。

日常的に口にする玉ねぎ、ちょっとした食べ方のコツでうつ病を治す食べ物に早変わり。

今回はそのしくみと食べ方をお話させていただきます。

1年中どこのスーパーでも買える玉ねぎですので必見です。

それではまず、玉ねぎがうつ病を治す食べ物であるしくみから見ていきましょう。

スポンサーリンク

玉ねぎがうつ病を治す食べ物であるしくみ

やる気を出したり、ストレスに耐えさせてくれるホルモンがあります。

テストステロンという男性ホルモンです。

このテストステロンが不足してくると精力減退でやる気も出なくなり、眠れないことも。

40代、50代の男性が悩む更年期障害のうつ症状といえるんですね。

ここに玉ねぎが登場!

不足したテストステロンを玉ねぎが分泌させてくれるのです。

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

玉ねぎが男性の更年期のうつを治す!

玉ねぎには含硫(がんりゅう)アミノ酸と呼ばれるアミノ酸が含まれています。

なんだかムズカシイ単語が出てきましたが、ご安心を。

この含硫アミノ酸を壊さずに玉ねぎを美味しく食べればいいだけなんですよ。

私たちの体内に入った含硫アミノ酸は、不足してしまった男性ホルモンテストステロンを分泌させてくれるのです。

テストステロンやる気精力をもたらし、男性の更年期障害のうつから救ってくれるのです。

Print

ところが多くの場合、この効果は得ることができていません。

男性ホルモンを分泌させてくれる、玉ねぎの成分を消して食べていることがほとんどなのです。

この大事な成分を壊さないためにはどうすればいいか?

そこには、調理のコツが1つだけあります。

それは調理の順番を逆にすることなんです。

男性の更年期のうつを改善する調理を!

調理する時、普段は玉ねぎを切ってから加熱しますね。

この順番を逆にします。

加熱した後に玉ねぎを切るのです。

玉ねぎに含まれる含硫アミノ酸は、生の状態で切ってしまうと変化してしまうんです。

玉ねぎを切った時に、涙を流させる成分(硫化アリル)に変わるのです。

一度涙が出ると、もう止まりませんね。

切らずに加熱した玉ねぎの含硫アミノ酸は、60℃ほどで成分が固定されます。

固定された含硫アミノ酸は、その後は切っても加熱しても効果は変わりません。

男性の更年期を治すホルモンテストステロンを分泌させてくれるのです。

054936

では、実際に玉ねぎを切らずに加熱をしてみましょう。

玉ねぎを調理してうつ病を治す!

では男性の更年期の症状うつを改善してくれる玉ねぎの加熱をしてみましょう。

この玉ねぎの皮をむいて・・・。

1457315390065玉ねぎ2

ラップをしたら2分ほど電子レンジで加熱しましょう。
大きな玉ねぎであれば3分程度ですね。

我が家の電子レンジではあたためのボタンを押して2分ちょうどで加熱が自動終了しました。

1457315406335

この後はどんな調理をしてもOKです。

玉ねぎパワーでやる気、元気を取り戻しましょう!