子育て

男の子の育児!大変さを減らすにはコレ!

男の子の脳を理解して、育児を楽しみましょう。

男の子は、ごほうびを上手く利用することで、大変だった育児が楽になります。

ごほうびは、お金があまりかからないシールでOKです。

お母さんにとって、異性の男の子って理解不能なところが多いですよね。

理解できない分、男の子の育児って空回りして大変です。

我が家の息子も暇さえあれば・・・

いや、暇がなくとも、やらなくてはいけないことの最中でも、ヒーローになりきったり、踊りだしたりで

242802男の子

「なんで~!!!」

とイライラが頂点になることが日常茶飯事に起こり大変です。

イライラなんてしたくないし、毎日笑顔でいたいのが本音です。

そこで!

男の子のやる気を引き出す方法で、大変だった育児を楽しい育児に変えましょう。

スポンサーリンク

ごほうび大作戦で男の子は伸びる!

ごほうびと聞けば、女の子も喜びます。

でも、男の子と女の子は脳の違いがあります。

脳の違いを理解することで、大変だった男の子の育児を楽にし、やる気を引き出すことができるのです。

ドーパミンの分泌

ドーパミンとは脳内の伝達をする物質です。

簡単に言うとやる気のスイッチがドーパミンなのです。

ドーパミンが多く分泌されると

  • 脳の活性化
  • 快感

へと繋がります。

そして男の子は女の子よりもドーパミンの分泌が多いのが特徴です。

これは成人してからも変わりません。

男の子女の子ドーパミンの分泌の違いを見ていきましょう。

cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s

男の子のドーパミン分泌

男の子のドーパミンは勝負事を行う時などに多く分泌されます。

例えば
「お手伝いをしたらごほうびをあげる」と言われた場合

言われた瞬間に「やった!」とワクワクした気持ちになり、ごほうびをもらえた時を10としたら、この時点でドーパミンが7割くらい分泌されます。
お手伝いをしている最中も「ごほうびを手に入れてやる」という勝負師のような気持ちで挑み、5割くらい分泌がされています。

そしてお手伝いが終了して、ごほうびがもらえた時に一番分泌されます。

勝負事も同じで、勝つまでの工程に起こるドキドキ感と勝った時にドーパミンが分泌されるのです。

女の子のドーパミン分泌

女の子は比較的冷静です。

男の子と同じ例で
「お手伝いをしたらごほうびをあげる」と言われた場合

その時点では、ほぼドーパミンは分泌されません。
女の子がドーパミンを分泌するのは、お手伝いを終了して、ごほうびがもらえた時です。

男の子と女の子ではドーパミンの分泌が違うことがわかりました。

・・・ここまで違うと、お母さんが男の子を理解するのが難しいのは当たり前ですよね。

男の子の育児が大変と考えるのは、やはり脳の違いにあるようです。

ドーパミンの分泌を上手く利用し、ワクワク度を楽しませながら育児を進めると、男の子は伸びるのです。

ごほうびシールで男の子育児を楽に!

男の子のワクワク感が大好きで勝負事を楽しめるドーパミンの分泌を、育児に活用できるのがごほうび作戦です。

313250

トイレトレーニングや歯磨き、勉強やお手伝いができたらシールを1枚あげて、シール台帳に貼ってもらいましょう

お約束していた事ができたら1枚ずつシールを貼っていき、ゴールを目指します。

マンネリ化すると飽きてしまうので、ゴールを目指すことが大切です。

ゴールまでシールを貼れたら、ワンランク上のごほうびを1つあげましょう。

このごほうび作戦で、男の子はグングン伸びますよ。

131022

一昔前は、ごほうびなど物で釣る育児は良くないと言われていました。

おじいさんおばあさん世代であれば、今でも反対する人は多いと思います。

現代は色々な研究も進み、このごほうび作戦も、男の子の脳のしくみを上手く利用した伸ばし方なのです。

あまやかしとは違い、シール1枚で楽しんで成長していくんですから、ぜひ育児に取り入れてほしいと思います。

大変な育児は、お母さんにも子供にも良くありません。

男の子の育児を楽しみましょう!