バスケットボール

バスケのパスの種類!上級編で味方の力を引き出そう

バスケのパスのはいくつもありますが、上級編となるパスを3種類紹介します。

上級編のパスですが、大事なことは基本のパスと共通しています。

それは、味方のプレーヤーをよく見ること。

チームメイトの個性を引き出すパスを心がけましょう。

「自分だったらどんなパスが欲しいのか」

というように自分に置き換えて考えてみるのも手です。

考え続ければ、相手が欲しいパスがどういったものなのかが見えてきます。

それでは、バスケのパスの種類として上級編となるものを見ていきましょう。

  • アンダーハンドパス
  • ノールックパス
  • ビハインド・ザ・バックパス
  • ビハインド・ザ・バウンズパスビハインド・ザ・ネックパスも紹介!)

と続いています。

スポンサーリンク

バスケのアンダーハンドパスとは

バスケのパスの上級編として、1種類はアンダーハンドパスです。

アンダーハンドパスは、下手投げでバスケのボールをパスします。

ボーリングの投げ方のような感じで、相手ディフェンスの体の脇をパスコースとします。

ノーモーションで行い、ディフェンスの手がやってくる前にパスアウトしてしまいましょう。

下手投げの腕が上がり切らないうちに、スナップをきかせてボールを強くリリースするのです。

アンダーハンドパスが有効な場面

バスケのゲームで相手ディフェンスに接近される、そんな時に有効になる種類のパスです。

  • ゴール下でプレーヤーの密度が高い場面のショートパス
  • ディフェンス2人に囲まれた(ダブルチーム)

このような場面で、ディフェンスが手を上げている時です。

自分の相手ディフェンス脇の下のスペースからパスを出します。

136513

体を近づけてパスアウト

  • 相手ディフェンスが自分より高身長
  • 相手ディフェンスの重心が高い

そんな場合には、自分からディフェンスに体を近づけてパスを出します。

ディフェンスの手が下りてくるスペースがなくなり、パスの通る可能性が高まります。

こんな時にもアンダーハンドパスを!

ドリブルをしているボールを、そのままアンダーハンドパスすることもアリです。
ドリブルしている手を止めずにすくい投げることで、ディフェンスに反応する時間を与えません。

バスケのノールックパスは相手を知ることから

バスケのパスで、出す相手を見ないで出す種類のパスがあります。

それはノールックパスです。

パス相手を見ていないのにどうしてパスが出せるのか。

それは普段から周りのプレーヤーの位置を把握できているからです。

全体の状況を把握し視線を送っていなくとも、その選手がどこに動くかということを予測しているのです。

ノールックパスは

味方の選手が「いつ」「どういうタイミング」でパスが欲しいのか

ということを知っていればベストなパスが出せます。

087563

例えば、筆者の私は左45度からハイポスト付近に飛び込んだ時にパスがもらえれば、高い確率でシュートを決められる自信がありました。

あくまでも本人の思い込みですが・・・

ですので、そのタイミングを知っていてハイポストにノールックパスがくれば、チームとしては大きな得点チャンスになるわけです。

普段のコミュニケーションも含めて、味方の選手の強みを知っておきましょう。

ドリブルからのノールックパス

ドリブルしている手を止めずにノールックでクイックパスしてしまうのも有効です。

例えば、自分がドリブルでゴールに向かって切り込んで行ったとき、ドリブルの手を止めずに味方選手にノールックパスするのです。

では次の章では、ノールックパスがバスケのプレーで有効になる代表的な種類のパスを紹介します。

ビハインド・ザ・バックパスです。

バスケのビハインド・ザ・バックパスとは

ビハインド・ザ・バックパスは、バスケのパスのなかでノールックパスの1つの種類といっていいでしょう。

これは、体の背後(背中側)からボールを味方に送るパスです。

例えば右手を使ってパスする時は、背中にまわしたボールを左側にパスするのです。

自分をマークするディフェンス側からは見え辛いパスです。

ビハインド・ザ・バックパスは、背中側から手首のスナップを最大限に使ってパスを出しましょう。

バスケのコート全体を把握する、広い視野があることが前提のパスです。

ノールックで行うと、ディフェンスの意表を突くことが可能な種類のパスです。

ビハインド・ザ・バックパス成功のコツ

ビハインド・ザ・バックパス成功のコツは、普段から肩と背中のストレッチをしておくことです。

柔らかい体の関節は、そのままやわらかく、強いパスができることを意味します。

ガチガチの関節は、これもそのままガチガチのキャッチし、辛いパスを生み出してしまいます。

341529

ビハインド・ザ・バウンズパス

ビハインド・ザ・バウンズパスは、ビハインド・ザ・バックパスと同じ種類のパスで、違いはバウンズパスを出すことです。

バウンズパスはディフェンスがさらに反応しにくいですし、ボールを受ける味方プレーヤーも取りやすいパスになります。

ただしパスの出し手のボールコントロールは難しく、高度なパステクニックとなります。

ビハインド・ザ・ネックパス

ビハインド・ザ・ネックパスは、自分の首の後ろからパスを出します

例えば右手で行う場合は、首の右側(右肩)から自分の左側にいる選手にパスを供給するのです。

有効な場面の例も紹介します。

  1. 自分についたディフェンスの右側にドリブルして抜きにかかる
  2. ディフェンスの選手の左足側から切り込んでいく、ということです。

  3. 自分の左足を1歩前に踏み出した体勢で、右手で持っているボールを左側の選手にパス
  4. この時、右手を左手でフォローして、右肩で荷物を担ぐような形になります。

198329ライン

この記事では、バスケのパスの種類のうち、上級編といえるものを紹介してきました。

バスケのパスの種類として基本といえる

  • チェストパス
  • ワンハンドパス
  • オーバーヘッドパス
  • バウンズパス

については↓こちらの記事↓をどうぞ!

バスケのパスの種類はコレ!この4つができればOK