美容

ニキビ跡のタイプ別ケア法!自宅での治し方

できてしまったニキビ

やっと治したと思ったら・・・

ニキビ跡が (⁘゚Д゚⁘)!!

082141

ニキビ跡は、皮膚科や美容外科など病院で治療してもらうのも有効です。

でも、自分でケアをできないと、本当の美肌を手に入れることは難しいです。

さらにニキビ跡には、大きく分けてタイプが3つあります。

ご自分のニキビ跡が、どのタイプかを知りましょう。

そして日頃のケアをしっかり行って、美肌を目指しましょう。

はじめに美肌を手に入れるための、お肌のターンオーバーについて
次にタイプ別ニキビ跡のケア方法をお伝えします。

スポンサーリンク

お肌のターンオーバー

お肌のターンオーバーとは、皮膚細胞の新陳代謝によるお肌の生まれ変わりです。

お肌の生まれ変わりが、しっかりできていると美肌になれるのです。

ターンオーバーは28日周期のサイクルが理想です。

早すぎても遅すぎてもトラブルが起こりやすくなります。

年齢別でみると

10代・・・20日前後
20代・・・一番理想の28日前後
30代・・・40日前後

と若いほど早く、年齢を重ねる毎にターンオーバーは遅くなっていきます。

ターンオーバーが早いと・・・
肌荒れ・シミ・毛穴の目立ち

ターンオーバーが遅いと・・・
シミ・そばかす・くすみ・しわができやすく、ハリ・ツヤがなくなる

ターンオーバーを整えよう

血行を良くする
ウォーキングやジョギングなど、適度な運動をとりいれましょう。
ウインドーショッピングも楽しみながら、運動になります。
血行を良くするマッサージや入浴、蒸しタオルなども美肌に効果的です。

睡眠をとる
ターンオーバーは眠っている間に起こります。
良質な睡眠をとれるように、睡眠前はリラックスした状態をつくりましょう。
お好みのアロマで癒しの空間を演出したり、読書をするのもいいですね。

お肌の潤い・紫外線予防
入浴・洗顔後は、しっかりと保湿を行いましょう。
外出時は季節・天候に合った紫外線対策を行い、ケアを忘れずに。

食事
バランスの良い食事を心がけましょう。
ビタミン群はお肌に重要な働きをしてくれます。
なかでもビタミンCは美肌になるために有効です。
豆類は血液がサラサラになる効果があります。

タイプ別ニキビ跡とケア方法

081558

タイプ1 「赤い」ニキビ跡

ニキビ跡の中で、比較的軽度な症状です。

ニキビが治っても、まだ炎症が治まっていないため、赤いのです。

ケア方法

まずはターンオーバーを整えます。

お肌に優しい洗顔(ゴシゴシは禁物)をし、保湿と紫外線対策ケアをしっかり行えば、美肌に生まれ変わります。

あせらずに基本のお肌ケアを行いましょう。

タイプ2 「茶色」ニキビ跡

ニキビの炎症が原因のメラニンによる色素沈着」が茶色いニキビ跡です。

ケアを怠ると、シミになってしまいます。

ケア方法

ターンオーバーを整えることが重要になります。

ターンオーバーが早すぎても遅すぎても、シミはできてしまいます。

シミとして残ってしまう前に、ターンオーバーを整え、しっかりと紫外線対策をします。

ターンオーバーを整えることにより、古い角質が剥がれて、きれいなお肌に生まれ変わります。

紫外線は一年中降り注いでいます。

季節・天候に合った紫外線対策を行いましょう。

馬油や、美白効果のある基礎化粧品も有効です。

タイプ3 「デコボコ」ニキビ跡

デコボコのクレーターができてしまうと、自宅では治すことが難しくなります。

美容に特化した皮膚科や美容外科での治療が有効です。

しかし、自宅でもできることはあります!

最近では自宅でケアができる美容液もできました。

まずは、これ以上クレーターができないように間違ったニキビケアをしないことが大切です。

×ニキビを潰す
ニキビを潰したことにより、白血球が炎症を抑えようと必死に働き、皮膚組織を壊してしまいます。
×洗顔のしすぎ・ゴシゴシ洗い
洗顔をしすぎてしまうと、お肌に必要な皮脂を失うことになり、お肌が必死に過度な皮脂分泌を行ってしまいます。
また新しい角質までも失い、肌荒れの原因につながります。

ケア方法

ターンオーバーを整え、適度な洗顔、保湿をしっかり行いましょう。

加えてピーリングも有効になります。

「デコボコ」ニキビ跡おススメ美容液

最近まで「デコボコ」クレーターのニキビ跡は自宅でのケア用品がなかったのですが・・・
ついに出ました!

お肌の表面を滑らかにしてくれ、目立ちにくくしてくれます。

サイト内で詳しく説明されていますので、ぜひ参考にしてください。

満足度92%の優れものです。

●〇●〇●〇●

タイプ別ニキビ跡のケア方をご紹介しましたが、共通してターンオーバーを整えると、お肌の調子は良くなります。

ターンオーバーを意識した生活を心掛けてみましょう。