バスケットボール

バスケのゾーン!攻め方はどうすればいいの?

バスケのゲームでゾーンディフェンスの攻め方はどうすればよいのでしょうか。

ゾーンディフェンスをしている側の気持ちになってみましょう。

「それは、キツい!、体が動かない!」
だとか
「そのスペースには来ないで・・・。」
というような思いになるようにすれば良いのです。

バスケのゾーンは、エリア(区域)を守るディフェンスですね。

プレーヤーごとに割り当てられたエリアを守っています。

バスケのゲームでのゾーンの攻め方は、エリアをどう崩すかということを考えます。

オフェンスのプレーヤーが力を合わせ、相手チームのゾーンのエリアを崩していくのです。

スポンサーリンク

バスケのゾーン!攻め方を具体例で

動きの中でゾーンのほころびを突きディフェンスを崩すのが、相手の嫌な攻め方です。

ではゾーンディフェンスをオフェンス側主体で揺さぶってみましょう。

例えば下記の①~③ような流れです。

258741

さあ!ゾーンの攻め方を見てみましょう

①まずインサイドにボールを集めます
するとゾーンディフェンス全体が小さくなります。
インサイドの選手がしっかりとディフェンス陣を引きつけるのです。

②次はインサイドのボールをアウトサイドにパスアウト
今度は小さくなっていたゾーンが広がりますね。

③さらに、今度はボールサイドをチェンジします
例えば、右サイドにあったボールを突然、フェイク気味に左サイドに飛ばすのです。

これはスキップパスとも呼ばれる技術です。
自分の隣の選手をスキップして、さらに隣にいる選手までパスを飛ばすのです。

バスケのゾーン!さらに攻めよう!

すると、ゾーンディフェンスは全体的に急いで横に移動します。
ディフェンスの各選手は、ボールが空中にある間に横移動を終わらせなければいけません。

サイドチェンジに限らず、このようなパスワークで相手ゾーンを動かしましょう
ポジションの移動に遅れが出始め、ゾーンが崩れ始めます

またこの時にパスを受けた選手には、ディフェンスが急いで向かってきています。

パスを受けた選手には、ゴールに向かって切り込むチャンスがあると言えます。
これが、バスケのゾーンの攻め方の基本的な考えと言って良いでしょう。

他にもゾーンの攻略法はたくさん!

上記ではスキップパスを例に取り上げましたが、ゾーンの攻め方はまだあります。

  • クイックパス
  • 球離れを早く次のパスコースをしっかりイメージしておく

  • ハイ&ロー
  • ハイポストとローポストのボールのやり取り

といったパスもバスケのゾーンの攻め方(崩し方)として有効です。

さらに、このような揺さぶりの流れの中に、相手の嫌がることをプラスします。

積極的に自分たちの意思でアクションを起こし、チャンスを作っていくのです。

basketball-297214_1280

他にもある!バスケのゾーンの攻め方

バスケのゾーンの攻め方は、まだまだあります。

今度は、オフェンスの流れの中でフリーの選手を作るという動きを具体的に見てみましょう。

ゾーンでもフリーの選手を作ることができる!

ディフェンス間のスペース(ギャップ)に切り込みをして、フリーの選手を作ります。

これには事前のポジション取りのちょっとしたコツがあります。

例えば2-3のゾーンの場合。

この時に1ガードの形でオフェンスを行います。

 1ガードフリースローサークルとセンターサークルの間にガードが1人
2ガードフリースローサークルとセンターサークルの間にガード横並びで2人

1ガードの選手は、ゾーンの先頭の2人の間のスペース(ギャップ)にドリブルで突っ込んでいきましょう。

すると2人のディフェンスを1人で引き付けることができます。

1ガードの選手の1パス圏内にいる選手がフリーになる可能性が高まるわけです。

この可能性を引き上げるためにもゾーンを事前に揺さぶりかけ、ほころびが出やすい状態に追い込んでおくのです。

212772

このことと同じ攻め方で

3-2ゾーン

1-3-1ゾーン

も攻略することができます。

3人のディフェンスに対して2人で攻め込めば、どこかにアウトナンバーのプレーヤーが。

そのほころびから崩していくのが、バスケのゾーンの攻め方となります。

ビハインドやリバウンドにも注目!

バスケのゾーンディフェンスのネックとなるポイントを突いていく攻め方です。

それは、ディフェンスのビハインド(背後)とリバウンドです。

ビハインドを突く!!

バスケのゾーンの攻め方として、ディフェンスマンの背後の動きがポイントになります。

これが有効な理由は、ゾーンではエリアを守っていて各選手がマークマンを持っていないからです。

この環境を活かせるのがインサイドです。
ポストからのプレーでディフェンス網突破の糸口に。

リバウンドを積極的に!

各選手がマークマンを持っていないゾーンでは、ボックスアウトの意識が低くなります。
ボックスアウトリバウンドに飛び込もうとするオフェンスの選手を、ディフェンスの選手が体でブロックすること

そこが狙い目
ゾーンディフェンスの相手からは、リバウンドがもぎ取りやすいと言えますね。

これもバスケのゾーンの攻め方の一つと言るのです。