バスケットボール

バスケのスクリーンの種類!この4つを覚えよう

2016/10/26

スクリーンとは、オフェンス側の選手自分の体を壁にしてディフェンスの選手の進路をブロックすることを言います。

このスクリーンを使って、オフェンスの選手は味方の選手をフリーにするのです。

スクリーンを使ってブロックする選手は、胸や股のあたりで腕を組みます。

これはファウルの防止であり、相手の当たりから身を守るクッションでもあります。

スクリーンで壁になったら、動くのをぴったりと止めましょう

バスケのプレー中に壁になるのは許されていますが、動いて相手を押さえ込むことはファウルになるのです。

260235スクリーン

そんなバスケのスクリーンプレーは、いくつかの種類に分けることができます。

では種類ごとにバスケのスクリーンを見ていくことにしましょう。

まずボールを持たない選手同士が行うスクリーンからです。

スポンサーリンク

バスケのスクリーンの種類!オフボール編

バスケのスクリーンの種類として、ボールを持っていない(オフボール)2人で行うスクリーンがあります。

これは、オフボールスクリーンと呼ばれていています。

ノーマークの選手を作り出せば、得点の大きなチャンスとなります。

バスケのスクリーン!1種類目はダウンスクリーン

オフボールのスクリーンの1種類目はダウンスクリーンです。

センターサークル側の選手エンドライン側(攻めるゴールに近い側)の選手に近づいていってスクリーンをかけます。

ローポストの選手にかけたダウンスクリーンの場合、下のような動きが有効です。

①ローポストの選手が外でシュート

ローポストの選手スクリーナーの壁を使い、フリーとなった外角からのシュートです。

スクリーナー=スクリーンを仕掛ける人

②ローポストの選手がインサイドでシュート

ローポストの選手スクリーナーを巻き込むようにしてインサイドに入ります。

ディフェンスをスクリーンにかけてフリーになれていたらパスを受け、ゴール近くで勝負です。

212775初心者

バスケのスクリーン!2種類目はバックスクリーン

オフボールのスクリーン、今度はバックスクリーンです。

バックスクリーンは、エンドライン側の選手センターサークル側の選手に近づいていきスクリーンをかけます。

上記のダウンスクリーンとは逆の形になります。

スクリーンをかけてもらった選手がインサイドに走り込んでフリーになれば、すかさずパス!

ゴール近くでのシュートチャンスです。

バスケのスクリーンの種類!オンボール編

バスケのスクリーンの種類として今度は、ボールを持っている選手もう一人の選手で行うものがあります。

オンボールスクリーンと呼ばれます。

またオンボールスクリーンをかけた後の動きでシュートを狙うピック&ロールという技術にも注目です。

バスケのスクリーン!3種類目はインサイドスクリーン

インサイドスクリーンは、ボールの保持者をボールを持ったままフリーにするためのスクリーンです。

ボールを持った味方に付いているディフェンスの、進路を阻む壁としてスクリーンを仕掛けます。

ボールの保持者はドリブルで進み、スクリーンの壁を使ってディフェンスを置き去りにしてフリーになるのです。

 

インサイドスクリーンからピック&ロールへ!

ボールの保持者スクリーナーの体(カベ)を使って回り込むプレーをピック&ロールと呼びます。

ピック&ロールを使って、シュートに持ち込みましょう。

①ボールの保持者がドリブルしてシュート!

ボールの保持者はスクリーナーの横をドリブルで進み、自分のマークマンがスクリーンにかかればフリー

絶好のシュートチャンスです。

②パスをもらったスクリーナーが即シュート!

スクリーンをかけると、ボール保持者の攻撃に意識が向いて2人がかりのディフェンスになることが。

その場面では、スクリーナーがボールの保持者から離れてフリーになりましょう。

パスをもらえばシュートチャンスです。

③パスをもらったスクリーナーが切り込む!

スクリーンがしっかりかかった場合、ディフェンスの人数は1人減ることになります。

2対2の局面から、身動きの取れなくなったディフェンスをマイナスすると、実質2対1の状況になるのです。

その時スクリーナーは前を向いて(ゴール方向を向いて)ボールをもらいましょう

ゴールに切り込んで、シュートまで持ち込めます。

136513初心者

バスケのスクリーン!4種類目はアウトサイドスクリーン

バスケでは、ボールを持っている選手スクリーンを掛けることがあります。

それがアウトサイドスクリーンです。

ボールを持って止まっている選手がスクリーナーになるのです。

スクリーナー=スクリーンを仕掛ける人

ボールを持っている選手にぶつかるスレスレのラインで、味方が走り込みます。

ボールを持っていた選手は走り込んだ味方についているディフェンスの壁となるのです。

走り込んだ味方にボールを渡せば、受け取った味方はフリーに!

渡す側はバスケのボールを軽く持っていましょう。

しっかりと握っていた場合、走り込んでくる味方がボールを受け取りづらいのです。

アウトサイドスクリーンからのピック&ロール

アウトサイドスクリーンからのピック&ロールも大変有効なオフェンスプランです。

①もらったボールをそのままシュート!

フリーでボールを受け取ることができれば、シュートの確率の高い大チャンスです。

積極的にシュートを狙いましょう。

②ボール保持者がカットイン!

ボールの保持者は、アウトサイドスクリーンの場面で必ずしもパスをする必要はありません。

走り込んできた味方にボールを渡すふりをして、ディフェンスがつられればチャンスです!

自分でバスケのリング方向に切り込んで行くのも選択肢に入るのです。

スクリーンアウトはブロックアウトと同じ意味です

今回お話してきたバスケのスクリーンの4種類は、オフェンスを展開するための方法でした。

これと少し目的が違うのがスクリーンアウトです。

スクリーンアウトは別名でブロックアウトと呼ばれています。

リバウンドのポジションが取られないように、相手をブロックする技なのです。

NBAの一流プレイをWOWOWで観て学ぼう!

バナー原稿imp

・・・・・・・

580153-compressor

【関連記事】

バスケのスクリーンに役立つ情報を集めました。

バスケのセンターの動き方ってどうするの?解説しましょう

バスケのマンツーマン!攻め方はコレがいいんです