マラソン

ランニング時の心肺機能を強化!クロスカントリーを楽しもう

ランニングの時、筋肉はまだ動きたがっているのに酸素が足りない

そんな感覚になることがあります。

今回はランニング時の心肺機能を強化する方法として、クロスカントリーの魅力をお伝えしたいと思います。

このクロスカントリー、心肺機能を強化しつつ筋肉もバランスよく作ってくれるのです。

さらに気持ちがリフレッシュする効果も見逃せません。

スポンサーリンク

ランニング時の心肺機能がクロスカントリーで強化!

丘陵地などの起伏のあるコースでのクロスカントリーには、ランニング時の心肺機能を強化する効果があります。

上りや下りが、そのままインターバルトレーニングの役割に。

ランナーが自己管理する必要がなく、自然の作った地形がランニングに自動的な強弱をつけてくれるのです。

息が自然に上がっていき、心肺を鍛えながらランニングを新鮮な気持ちで楽しめると思います。

基本 CMYK

クロスカントリーで筋肉の強化が

クロスカントリーでは、体全体の筋肉が強化されます。

平地を走っている普段とは違う負荷をかけられることが、メリットを生むのです。

いつもとは違う筋肉がまんべんなく使われ、足や体幹が強くなっていきます。

それがバランスの良いフォームにつながり、ランニング状況の変化に耐えられる体に!

体調の良い時に行う

いつもと違う走り方で体を鍛えるクロスカントリー。

体への負担も増えるので、体調が万全の時に行いましょう。

いろいろなルートのランニングで心肺を強化

ランニングのスケジュールの中に、クロスカントリーを定期的に入れ込んで心肺機能を強化していきましょう。

クロスカントリーでは、芝生や土の上などの不整地を走ることで足への負担を減らすことも可能です。

アスファルトから受ける負荷は無視できません。

足や体幹への負担という意味では、色々なコースやルートを走ることで体の受ける負荷を分散させましょう。

負荷の分散は、多くの筋肉を刺激して強化できるということでもあります。

同じ練習日のなかでも1周目は時計回り2週目は反時計回りというように変化をつけることも可能です。

418755

気持ちもリフレッシュ!

上でお話した「色々なルートのランニングでは気持ちがリフレッシュ」される効果もあります。

ランニングをしている時、いろいろな考え事をすることはないでしょうか。

筆者の私は、ランニング中に仕事や生活のアイディアが生まれることがよくあります。

頭の中が整理整頓されたり、集中して考をまとめることができるという方もいます。

まったく何も考えず、無心でのランニングがストレス解消になるということも。

a0c4a61e14c0f8b622a2fdf40763e9df_mクロカン

クロスカントリーではその効果が倍増です。

普段と違う景色の中でのランニングには気持ちがリフレッシュされる効果が。

遊歩道や自然を体いっぱいに感じる公園で、いつものランニングにメリハリをつけてみましょう。

里山や丘陵地まで、ちょっとした季節を感じるお出かけをするというのも良いものです。

ランニングで心肺機能を強化しながら気持ちもリフレッシュ!

クロスカントリーの魅力でもあります。