バスケットボール

バスケのマンツーマン!攻め方はコレがいいんです

バスケのマンツーマンディフェンスの攻め方をお話していきたいと思います。

マンツーマンディフェンスを攻略するには、どうやってフリーの選手をつくるかということを考えましょう。

地域を守るゾーンディフェンスに比べて、1対1で守るマンツーマンはノーマークができにくいシステムです。

しかし、そのシステムを突破する攻め方があります。

それがパス&ランです。

文字通り、味方にパスを送ったら(送りながら)すぐに走ってポジションを移動するのです。

スポンサーリンク

バスケのマンツーマン!攻め方はパス&ランで

バスケのディフェンスシステムマンツーマンの攻め方にはパス&ランが有効です。

パス&ランは、チームの選手が常に連動して動きスペースを作ろうとし続けるものです。

マンツーマンを攻める!パス&ランの順番

ではマンツーマンを攻略する攻め方パス&ランを具体的にみていきましょう。

  1. ボールを持った選手Aが味方にパス
  2. 選手Aは味方にボールが届く前にゴールに向かって切り込んで(走って)いく

切り込むのは自分のディフェンスの前面でも後ろ面からでもOKです。

ディフェンスの状態やスペースの空き具合によってコース取りをしましょう。

これで選手Aがディフェンスを振り切ることができれば、リターンパスからのランニングシュートに持ち込めます。

341529

空いたスペースをどんどん活用する!

上記の場面で選手Aがディフェンスを振り切れなくても2次・3次の攻撃をしかけましょう。

インサイドに切り込んでいった選手Aが元々いた場所は空いたスペースになっています。

その空いたスペースに味方の選手Bが飛び込んでシュートチャンスになる可能性があるのです。

さらに、選手Bがいた場所も空いたスペースとなるので、チャンスメイクに活用していけるのです。

チームで協力してスペースを作る

パス&ランで、大事になってくるのがチーム内での協力体制です。

アウトサイドのプレーヤーが切り込むためのスペース作りが必要なのです。

パスを出した選手Aが切り込みやすいように、インサイドのプレーヤーは移動してスペースを作りましょう

パス&ランにスクリーンを加えよう

バスケのマンツーマンの攻め方として効果のあるパス&ラン

攻め方はまだ他にもあります。

上記で、パスを送った選手Aは直接シュートを狙う動きをしなくてもチームに貢献する方法があるのです。

034880マンツーマン

それは選手Aパスを送りながら味方選手のためにスクリーンをかけに動く方法です。

具体例でみてみましょう。

例えば、選手Aが右45度の場所でボールを持っていたとします。

  1. 選手Aがゴール正面の3Pライン外にいるガードにパスを出す
  2. 選手Aは右エンドライン付近の選手Cへスクリーン
  3. 選手Cはスクリーンを利用してノーマークとなってフリーでシュート!

スクリーン味方選手をマークするディフェンスの進行方向を、自分の体を壁としてふさぐこと

198329ライン

バスケの攻め方は、マンツーマンでもゾーンディフェンスでも自分の周りの状況をしっかりと把握しておくことが基本となります。

また自分がどのようにオフェンスの役にたてるのかを常に考えましょう。

考えて行ったプレーが失敗に終わっても、その失敗が次に生きてきます