マラソン

朝ランと夜ラン!効果の違いはコレ

2016/10/05

朝ラン夜ランの効果の違いについてお話します。

気分的には朝ランは爽やかですね。

広い公園の並木沿などを走れば、自然の「ゆらぎ」が自律神経をリラックスさせてくれる効果があります。

同じ気分的な部分では、夜ラン走ることに集中できる効果があることが良い点ですね。

視覚的に周りからの影響が少なくて済みます。

そんな朝ランと夜ランの効果の違い、他にも見ていきましょう。

スポンサーリンク

快適なランニングができる効果は朝ラン?夜ラン?

朝ラン夜ランの効果の違いについて、まずは快適なランニングができる効果からお話します。

この効果、朝ランにも夜ランにもしっかりとあるのです。

433505朝夜ラン3

朝ランの効果で脂肪を燃焼!

朝ランには、私たちの体の脂肪燃焼能力をアップさせる効果があるのです。

朝の運動は、たくさんの脂肪を燃やします。

前日の食事の後から時間が長くたっているため、体は空腹状態です。

すると体は脂肪をエネルギー源として使います。

朝ランを繰り返していくと、この脂肪燃焼がクセになっていきます。

体のムダな肉はなくなっていき、すっきりとして走りやすい体に♪

夜ランの効果で筋肉を回復

夜のランニングを行うと、筋肉の回復が早いという効果があります。

じつはランニング中に筋肉を分解し、ランニング後に修復されていきます。

この筋肉分解、夜は少なくなっているんですよ。

そのため筋肉が早く回復して次回のランニングを快適にしてくれる効果があるのです。

ランニングのタイムが早くなる効果は?

こんどは朝ラン夜ランについて、ランニングのタイムが早くなる効果をそれぞれ見てみましょう。

433505朝夜ラン2

朝ランにはスタミナアップ効果が!

朝ランには、スタミナアップして長距離にもバテにくくなる効果が見込めます。

前述で朝ランの効果で脂肪が燃焼しやすくなるとお話しました。

このことがスタミナアップにつながるのです。

私たちがランニングなどのスポーツを行うとき、エネルギーの供給源の多くを食事からとった栄養に頼っています。

それが朝ランの効果で、エネルギーとして使える脂肪が増えるのです。

夜ランでランニングのスピードをアップできる

夜ランでは、ランニングのスピードアップを図ることができます。

夜は交感神経が活発になって体は活動モードになっています。

また体温も上がっているので、負荷の高いスピード練習でも怪我をしにくくなっています。