バスケットボール

バスケのドライブのコツ!どうやったら切り込んで行けるの?

バスケのドライブとは、ディフェンスを抜き去り空いたスペースに切り込んで行くことです。

ドライブからのシュートが決まれば、チームは俄然盛り上がります。

ドライブで相手を抜くことができれば、ヘルプのディフェンスがやってきます。

そこでノーマークの選手ができていれば、パスを出してチャンスの演出に。

ドライブは、シュート以外にもチームに貢献できるのです。

今回は、このドライブがどうやったらバスケの試合で上手くいくか、そのコツを考えていこうと思います。

スポンサーリンク

バスケのドライブ!試合でディフェンスをかわすコツは?

まずバスケのゲーム中、ドライブでディフェンスをかわすコツについて解説します。

ポイントとなるのは、足の運び方肩の使い方です。

ドライブのコツは一歩目が大事

ドライブでディフェンスを抜くときのコツで一番大きいのは足の運び方です。

それはドライブの一歩目を、一気に大きく踏み出すことなのです。

足を大きく踏み出し相手ディフェンスの横までいってしまいましょう。

その時点でディフェンスを抜いたも同然です。

135576

肩を先に入れましょう

バスケのドライブを上手くいかせるコツとして、切り込んで行くとき

肩を先に入れる

ということも大事なポイントです。

大きく踏み出す足と一緒に、ボールよりも先に肩を出してしまうのです

するとディフェンスとボールの間にオフェンスの体がある状態に。

ディフェンスはボールに触れないのでスチールされるリスクが一気に減るのです。

相手を崩してドライブ!

相手ディフェンスの体勢を崩してしまうのもバスケのゲームでドライブを成功させるコツです。

そのテクニックはスクリーンを使ってパスをもらうことです。

スクリーン=味方選手をマークするディフェンスの進路を、同じチームの選手が自分の体を壁として塞ぐこと

自分をマークするディフェンスがついてこられても、体勢が崩れていればドライブのチャンス!

追いかけてくるのが遅ければシュートを狙っても良いでしょう。

そのシュートを決めることができれば、次回のドライブはさらに成功しやすくなります。

ドライブを後押しする練習!バスケの試合でヒーローに

前の章ではバスケのゲーム中のドライブのコツをお話しました。

この章ではドライブの力をアップする練習を見ていこうと思います。

0bbbbc3ab3f3bf9db7bb7476ed746c84_s

シュート力とドライブの関係

バスケのゲームでドライブしてディフェンスを抜き去るコツは、相手を自分に近づかせることです。

ではどうやって近づかせるのか?

それはシュート力をつけることで実現します。

シュートが打てる場所でパスをもらえば、ディフェンスはシュートを警戒して距離を縮めて守るしかありません。

ディフェンスとの距離が近ければ抜きやすいですね。

ドリブルの練習でドライブの底力をアップ

左右の(両手の)ドリブル力をアップさせるのもバスケのゲームでドライブの成功率を上げるコツです。

同じ側へのドライブが続くと、相手ディフェンスから動き(ドライブコース)を読まれてしまいます。

相手が守りやすくしてしまうのです。

ドリブルの上達法については、こんな記事を用意してありますのでチェックしてみてくださいね↓↓

バスケのドリブルの技を徹底解説!6つの技ができればOK
バスケのドリブルを練習!ボールを体の一部にしよう!

260235スクリーン

ドライブしたら強気でシュートを!

練習でしっかりとドライブの準備が出来たら、あとは自信を持ってバスケのゲームにのぞみましょう。

バスケの試合で、ドライブをしてからのジャンプシュートやレイアップシュートを狙う時は、強気でいくのがコツです。

ディフェンスがタイトにマークしてきても、勇気を持って体を預けながらシュート!

するとファウルをもらえる可能性が高いのです。

フリースローのチャンスになりますし、ファウルの数が増えると相手は積極的なディフェンスができなくなります。