バスケットボール

バスケのトリプルスレットとは!どんな意味があるの?

バスケの用語でトリプルスレットというものがあります。

これは

「パスをもらった後、すぐに次の動作ができる体勢になる」

という意味の言葉です。

ではパスをもらった後に行う動作とは、いったいどんな動きなのでしょうか?

それをポイントとして、トリプルスレットの意味をお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

バスケのトリプルスレット!その意味は

バスケのトリプルスレットのトリプルとは3つのという意味です。

ですのでトリプルスレットという用語

「パスをもらった後のオフェンスの3つの動作に素早く移れる体勢(ポジション)」

のことを表すのです。

401149

この3つの動作とは

  • シュート
  • パス
  • ドリブル

のことを指しています。

トリプルスレットがディフェンスを惑わせる

トリプルスレットは

シュートにくるのかパスなのか、それともドリブルで抜いてくるのか?」

とディフェンスに思わせる守りにくい体勢なのです。

258817はてな

トリプルスレットの体勢がとれていれば、すぐにシュートが打てます

点を取られたくないディフェンスは、シュートを防ぐために近づいてくるしかありません。

するとオフェンス側はディフェンスを抜きやすい状態に。

ここでディフェンスがオフェンスから離れてしまうと、シュートが打たれやすいですし、パスも楽に通ってしまうのです。

ではこのバスケのトリプルスレット、どんな体勢をとれば良いのでしょうか。

次の章でお話させていただきます。

バスケのトリプルスレット!その体勢(ポジション)は?

バスケのトリプルスレット

  • ボールを持ってしっかりとゴールを見据える(シュートの脅威を与える)
  • すぐに動けるようにヒザを曲げて腰をおとす
  • スタンスを肩幅より少し広めにとる
  • ボールを利き手側の脇でかまえる

という体勢です。

212772

このような体勢でかまえると、シュート・パス・ドリブルに瞬時に移行しやすいのです。

シュートやドリブルの練習をしっかりと行いましょう。

シュートエリアを広くして、ボールも自在に操りましょう。

チームメイトの特性も把握して、どんなパスで味方を生かせるかを研究しましょう。

そんなことができる選手が、バスケのゲームでしっかりとトリプルスレットの体勢をとるのです。

相手チームにとっての脅威になりますね。