バスケットボール

バスケのブロックショット!コツは反則をしないこと

バスケのゲーム中にブロックショット(シュートブロック)を決めると気持ちがいいです。

ブロックショットはインサイドはもちろんアウトサイドからのシュートにも使われます。

ブロックショットが決まると味方の応援は大歓声!

一気に盛り上がります。

ブロックショットの効果は、ブロックしたその時だけではありません。

ブロックショットされた側には

シュートをブロックされた!

という記憶と感情が強く残ります

そのため次のシュートチャンスでブロックされた相手が見えただけで悪いイメージが蘇ります。

ブロックに飛ばれただけで、シュートの微妙なコントロールが乱れることも。

プレッシャーが植えつけられているんですね。

ではバスケのゲームで効果抜群のブロックショットそのコツをお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

バスケのブロックショット!反則をふせぐコツは?

バスケのブロックショットのコツは、反則をしないことがポイントになります。

熱い気持ちが入り過ぎないような注意が必要です。

バスケのブロックショット!反則に気を付けよう

バスケのブロックショットには、シュートをブロックできる大きなメリットがあります。

その反面、反則になりやすいというデメリットもまた大きいのです。

ブロックショットにいく時は

「よしっ!絶対に止めてやる!!」

というように気持ちが熱くなっていることが多いと思います。

気持ちにまかせて粗く突っ込んでいくと、大きなアクションになってしまいます。

するとオフェンスに接触してしまいファウルトラブルに。

熱い気持ちの片隅に冷静さを忘れずに、ブロックショットに飛びましょう。

258741

バスケのブロックショット!反則にならないコツは?

こんどは、バスケのブロックショット(シュートブロック)を反則にならずに行うコツをお話します。

まずブロックショットのイメージはどんなものでしょうか。

ズバン!

とシュートを叩き落とすものかもしれません。

明らかな身長差がある場合は、チームを盛り上げるために、このような派手なブロックショットをしても大丈夫です。

しかし叩き落とすブロックショットはシューターとの距離が離れている時にとどめます。

近い位置での大きなアクションはファウルのリスクが高いのです。

またブロックショットの腕が斜めになっているほど相手に接触しやすく、ファウルになりやすいです。

基本的にブロックショットをするときには、自分がシュートを打つイメージで飛びましょう。

腕の使い方はボールに向けて「あてがう」感じでOKです。

シュートされたボールに触れ、軌道を変えられれば、ブロックショットの元々の目的は達成されるのです。

143604

飛ばないでできる?ブロックショット

じつはバスケのブロックショットは、オフェンスがジャンプする前にも行えるコツがあります。

相手がシュートを打とうとしてボールを両手で持ったタイミングでボールをカットしてしまうのです。

シュートをする時は、ジャンプするために一瞬身をかがめますね。

その時が狙い目です。

ボールの下から「ポンっ」とはじく程度で十分にカットできます。

逆に、上から叩くとファウルを取られやすいです。

この技術をもっていれば、身長の高いプレーヤーのシュートも阻止できて

「してやったり」

という満足感がありますよ。

ランニングシュートをブロックショット!そのコツとは?

ランニングシュートのブロックショットは難しいですね。

お互いの動きが大きい中でのブロックショットなので、ファウルになりやすいのです。

しかしここで、バスケの試合でランニングシュートをブロックショットする、ひとつのコツを紹介しようと思います。

それはオフェンスよりも先に飛んでしまうこと。

ランニングシュートの時は、ゴールの外側から内側に向かって走り込みますね。

このオフェンスに対して、内側から回り込み先にジャンプします。

260235スクリーン

ファールにならないポイント

そして相手に近い手でシュートをブロックするのです。

相手から遠い腕でボールを叩き落とそうとすると、どうしても体がコンタクトしてしまい、ファウルになってしまいます。