バスケットボール

バスケのミート!コツはこの3つなんですよ

バスケ用語のミートという意味は

パスされたボールを空中で受けとって着地する動作

を指します。

ボールを空中で受け取るので、着地する時のストップ方法が大事です。

実はこのストップ方法

  • スライドストップ
  • ジャンプストップ

という2種類があるのです。

この2種類それぞれのストップ方法のコツに加え、両者に共通するボールのもらい方のコツをお話します。

順番は

  1. スライドストップのコツ
  2. ジャンプストップのコツ
  3. 共通するボールのもらい方のコツ

で解説していきます。

では!
バスケのミートの3つのコツのはじまりです。

スポンサーリンク

バスケのミートのコツ!スライドストップとは?

バスケのミートの1種類目に、スライドストップがあります。

ストップ方法として基本的なものです。

スライドストップでは、ボールを空中でキャッチしてから2歩で着地します。

最初に地面につけるのが左足なら、この左足を軸足として2歩目の右足を着地させるのです。

208027丸

バスケのミート!スライドストップのコツは?

バスケのミートの1種類目、スライドストップのコツを2つ紹介します。

スライドストップでミートするコツ①

人間には利き手があるように、利き足があります。

ですので軸足にしやすい足も人によって違います。

そこであえて軸足にしにくい足から着地するようにしてみましょう。

バスケのプレーの幅を広げることができますよ。

スライドストップでミートするコツ②

ミートしたあとのスライドストップでは、2歩目をゴールの方に向けましょう

攻撃できる体制をとってゴールを見られるだけで、ディフェンスには大きなプレッシャーを与えることに。

例えば斜め右方向からのパスにミートした場合です。

順にいきます。

  1. 右に走りながらパスされたボールを迎えに行く
  2. 空中でボールをキャッチして左足で着地する
  3. 左に回転しながら(反時計回り)右足も着地する

この様にすることで、ボールにしっかりとミートしながらバスケのゴール方向に体を向けられるのです。

バスケのミートのコツ!次はジャンプストップです

バスケのミートのコツ、次はジャンプストップの場合を見てみましょう。

ジャンプストップでは、空中でボールを受けとったら両足で着地します。

この両足着地を生かすコツを2つお話しします。

260235スクリーン

ジャンプストップでミートするコツ①

両足で着地するジャンプストップ。

両足で着地すると、両足どちらも軸足にできるというメリットがあります。

左右のどちらの足も軸足にできると攻撃の選択肢が増えますね。

するとディフェンスを惑わせることが可能になるのです。

ジャンプストップでミートするコツ②

両足で着地するジャンプストップ。

2歩で着地するする場合に比べて、すぐにオフェンスに入ることができます

ディフェンスに対して先手が打ちやすいのです。

たとえばジャンプストップでパスをもらったらすぐにシュート!

ディフェンスからすれば「え!?早すぎてシュートチェックにいけない!」ということに。

ディフェンスの体勢が整う前にインサイドに切り込んで行くのもアリです。

バスケのミートのコツ!共通するボールのもらい方は?

バスケのミートのコツ3つ目です。

バスケのミートのコツ!ボールのもらい方①

まず!

バスケのゲームでのミートする時のコツには

パスされやすいポジションに走り込む

というものがあります。

パスを出す味方の意図をくみ取り次の攻撃に生かすのです。

たとえば「あの空いているスペースでシュートを打ってほしい」という様なことですね。

136513初心者

バスケのミートのコツ!ボールのもらい方②

ボールの方向にはじめから手を出しながらパスを受けることもミートを成功させるコツです。

ボールを取る瞬間に手を前に出すのでは、タイミングが遅いのです。

するとボールを弾いてしまうことが。

そしてボールをキャッチするする瞬間、ボールに触りながら腕を自分の胸の方まで戻していきます

パスされたボールを「バチン!」

と受け取るのではなく、腕をクッションとしてショックを和らげるのです。

バスケのミートのコツ!ボールのもらい方③

バスケでミートを行うとき、次の動きにスムーズに移るのもコツです。

  • ヒザを曲げて重心を落とす
    (俊敏な移動が可能になるコツ)
  • 手のひらではなく10本の指でキャッチする
    (ボールを手にフィットさせるコツ)

ということも、次の動きにつながるミートのコツなのです。