バレーボール

バレーのリベロ!ルールと役割はどうなっているの?

バレーのリベロのルールと役割という切り口で、このポジションの動きを見ていきましょう。

リベロには特別なルールがあるため、リベロの役割はこのルールに基づいているのです。

ではバレーのリベロについて

  • ルールと役割は?
  • 交代のルールはどうなっているの?
  • 役割と動き方で求められるコトは?

という順で見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

バレーのリベロ!ルールと役割は?

バレーのリベロの役割はズバリ!

守備です。

リベロがプレーできるのは、後衛(バックポジション)のみというルールなのです。

リベロの選手がバレーのルールで規制され、プレーできなきないことを見てみましょう。

  • サーブが打てない
  • ブロックできない
  • スパイクの禁止
  • セッターとしてトスを上げることができない

このようなルールがリベロには課せられているのです。

このルールによって、リベロの具体的な動き

  • 相手のサーブをレシーブする(=レセプション・サーブカット)
  • 相手のスパイクをレシーブする(=ティグ)

というレシーブの専門家としての役割になるのです。

womens-volleyball-912702リベロ-compressor

バレーのリベロ!交代のルールはどうなっているの?

バレーのルールでは、リベロの選手の交代についても特別なものとなっています。

そのルールはこちらです。

  • リベロの選手は後衛(バックポジション)の選手とのみ交代できる
  • リベロの選手は後衛でのみプレーできる
  • 審判の許可を取らずとも交代できる
  • リベロの選手は何度でも交代することができる
    バレーの試合での交代は、1セットにつき1チームで6回まで可能ですが、リベロの選手の交代はこの交代回数にカウントされないのです。

このような独特なルールによって、リベロはおもにミドルブロッカー(センター)との交代が多くなります。

後衛にきたミドルブロッカーと交代し、チームのレシーブ力をアップさせる役割を担います。

大型の選手はレシーブ力が低いことが多いですからね。

127513小-compressor

バレーのリベロ!役割と動き方で求められるコトは?

バレーのリベロの役割と動き方で、まず求められるのは強い気持ちを持つことです。

バレーの試合で、リベロの選手にはレシーブのスペシャリストという役割があるため

どうやってでもボールを落とさない!

という強い気持ちを持った動きが求められます。

瞬発力や粘りのレシーブで

決して諦めない!

というハートをチームメイトに波及させるのもリベロの役割です。

このためリベロには、チームを鼓舞する役割もあります。

チームの状態が沈みそうな場面でも、強気で前向きなチームの要となるのです。

リベロはバレーの試合中のコートで遠慮していてはいけません。

全てのレシーブを取りに行く!

という気持ちでセッターがトスしやすいレシーブをするのです。

リベロは積極的なレシーブを行うことで、チームメイトの守備の負担を軽減します。

071381syou-compressor

バレーのリベロ!もう一つの役割とは?

バレーの試合中、リベロにはもう一つの役割があります。

それはコート内のチームメイトに監督の指示をつたえる役割です。

リベロの選手は、後衛の選手といつでも何度でも交代できるルールです。
コートに入ったリベロの選手は、監督の言葉を伝えながらチームを勇気づけるのです。