バレーボール

バレーのスパイクのコツ!フォームはどうするの?

バレーのスパイクについて、フォームのコツを解説します。

バレーのスパイクのコツは

いかに力強いスパイクをたたき込めるか

ということがポイントとなります。

それでは早速

  • バレーのスパイクのコツ!助走からジャンプまで
  • バレーのスパイクのフォーム!ジャンプのコツ
  • バレーのスパイク!フォームのコツは?

という順番で見ていきましょう。

スポンサーリンク

バレーのスパイクのコツ!助走からジャンプまで

バレーのスパイクのコツは、助走をジャンプ力に変える打ち方をするということです。

スパイクの助走は3歩が基本となります。

3歩をベースとして、状況に応じて1歩でステップしたり、3歩よりも長いステップを踏むことも。

このバレーのスパイクの基本となる3歩助走、コツは最後にジャンプするときの足の位置です。

ではここから、この記事の中では右利き(右手でスパイク)のフォームを例にしてお話を進めていこうと思います。

右利きの場合、3歩目になる左足が前に出ている状態でジャンプします。

そうすることで、右腕で大きく振りかぶることができます。

すると体の力を、最大限ボールにぶつけることができるのです。

助走の順番についてお話します。

volleyball-1531786スパイク-compressor

バレーのスパイクのコツ!助走の順番はコレだ!

バレーのスパイクのステップのコツを、1歩目から順番に見ていきましょう。

①スパイクの助走!1歩目のフォーム

バレーのスパイクでは、トスが上がる前に右足を前に出して助走の準備。

トスのタイミングがわかったら、左足で1歩目をスタート!
肩の力を抜いて、リラックスした状態でOKです。
このとき両腕は前に出しておきましょう。

ここから、スパイクのタイミングに合うように助走していきます。

②スパイクの助走!2歩目のフォーム

2歩目の右足をグイっと力強く前に踏み込み、同時に両手を後ろに持っていきます
右足をかかとから着地し、そこに連携しながら体を沈みこませます

③スパイクの助走!3歩目のフォーム

次に3歩目の左足を右足よりも前に着地させながら、両腕を上に上げ真上にジャンプ!
助走の勢いを使い、ジャンプ力を上乗せしましょう。

また両腕を振り上げた力でも、体を上に引き上げます。

バレーのスパイク!助走のコツはあるの?

バレーのスパイクで、助走のコツについて解説します。

助走のコツは、助走の勢いをジャンプの高さにしっかりと変換してあげることです。

では、どんな時に助走の勢いをムダにするフォームになってしまうのでしょうか?

それは・・・

助走の距離が合わなかった時です。

助走の距離が合わなければ、ジャンプの高さが低くなってしまいます。

2歩目が間延びしたり、窮屈になっていたら勿体ないのです。

スパイクの助走は3歩が基本ですが、距離によってステップの数を変えましょう

状況に応じ、最高のジャンプとタイミングを目指します。

169210-compressor

バレーのスパイクのフォーム!ジャンプのコツ

バレーのスパイクのフォームで、ジャンプした時のコツは

体を大きく反らす

ということがあります。

体を反らした反動を、スパイクを打つパワーに変えましょう。

加えて、スパイクのジャンプのもう一つのコツとなるのがひねりです。

ひねった体の反動を使ってスパイクを打てるように、右半身を後ろにひねりましょう。

右腕を後ろに振りかぶり、左手はボールの方向に向けてかざします。

ジャンプする位置は、ボールの真下ではいけません。

ボールに力を伝えるためには、ボールよりも後ろでジャンプを行います

バレーのスパイクのフォーム!ジャンプを高くするコツは?

バレーのスパイクのフォームのコツで

3歩目の左足のつま先を内側に向ける

ということで、ジャンプを高くすることができます。

極端に言えば3歩目の左足をネットに並行にするといえば分かり易いかもしれません。

このことで体がネット側に流れてしまうことを防ぐ効果があります。

すると真上にジャンプできて、スパイクが安定するのです。

ネットの前で左足を

「ギュッ!!」

と踏みしめるフォームです。

助走のスピードをジャンプ力に変換しましょう。

200397618圧縮

バレーのスパイク!フォームのコツは?

バレーのスパイクのフォームのコツです。

まずスパイクを打つときは、ボールを上からコートに叩き込みましょう

ボールを力強くスパイクするためには、打点は頭の真上ではいけません。

そうするとボールが遠くまで飛んでいき、アウトになってしまうのです。

ボールを打つ場所は肩よりも前の位置が良いでしょう。

体の前方でボールを捉えるのが、スパイクに最大の力を加えるコツなのです。

後ろにねじっておいた右腕と、反らしておいた体を戻す力を、もれなくボールに加えましょう。

ジャンプする時からボールに向けた目を離さず、スナップを効かせてボールを打ち抜きましょう。