マラソン

ランニングによる貧血の原因は?予防するにはタンパク質!?

ランニングで貧血を起こす原因と、対策となる練習予防する食事についてお話します。

じつはランニングで貧血の症状がでたら、食事でタンパク質も重要になってくるのです。

これはランニングの貧血の時にヘモグロビンが減っていることが関係していました。

それではランニングによる貧血について

  • 原因はどんなコトなの?
  • 予防する練習と食事はどうする?(ここでタンパク質について触れています)

という順で見ていきましょう。

スポンサーリンク

ランニングによる貧血!原因はどんなコトなの?

ランニングを続けていると、貧血を起こすことがあります。

ランニングで貧血を起こす原因は主に

大量の汗とともに鉄が体内から流れ出る

とされています。

鉄が体内から流れ出るということが、鉄とタンパク質でできているヘモグロビンを減らすという現象をおこします。

051412貧血-compressor

じつはこのヘモグロビン、血液のなかに存在しある役目を担っています。

ヘモグロビンは、酸素を体中に運ぶのです。

酸素が体内に行き届かなければ、ランニングのパフォーマンスは一気に低下しますね。

  • 足が前に出ない
  • 踏ん張りがきかない
  • 粘れない

という貧血症状のみえる原因に。

まとめると

ランニングでかいた汗が体から鉄を奪い、酸素の運搬役のヘモグロビンを減らす

ということが、ランニングによる貧血の理由になっています。

ランニングの貧血予防に必要な鉄とタンパク質が含まれています
食事で摂取が難しい場合は、サプリメントもおすすめです。

ランニングによる貧血!原因は他にも

他にもランニングによる貧血の原因として

足の裏を地面に長時間叩きつけるから

ということも言われています。

足の裏が叩かれることで赤血球が減少してしまうからということです。

このような原因が考えられているランニングによる貧血

次の章では、このランニングによる貧血の対策を練習面と食事面で考えてみます。

ランニングによる貧血!予防する練習と食事はどうする?

ランニングによる貧血の対策として、予防する練習食事のコツを見ていきましょう。

ランニングの貧血!予防する練習法は?

このランニングによる貧血の予防方法は、まず練習にメリハリをつけることです。

ヘモグロビンが体内から大幅に減少してしまう前に、負荷の低い練習の日を設けましょう。

いつもと比べてランニングに粘りが効かないようであれば、追い込まない練習に切り替えます。

ランニングの快適さが減ってきたことを感じたら、先手を打って血液の状態を回復させてあげるのです。

貧血の症状が大きい時は、ランニングを休みましょう。

ランニングの貧血!予防する食事はタンパク質?

ランニングによる貧血を予防する食事を見ていきます。

この食事で考えることは

  • 鉄分
  • タンパク質

この2点がポイントになります。

food-1257319_1280-compressor

「あれ?貧血にタンパク質?

貧血の時に鉄分を、ということは良く聞くけれど・・・。

じつはランニングの貧血予防としての対策には、タンパク質も大きな意味を持つ栄養素となります。

まず先の章で紹介したヘモグロビン

酸素を血液に乗せる役割を持っていましたね。

このヘモグロビンは、鉄&タンパク質でできています。

ということはタンパク質の補給も、ランニングに貧血対策には欠かせないのです。

もともとランニング後の食事には、体の回復のためにタンパク質は多めに摂らなければいけません

そこに貧血対策も加わるのですから、タンパク質の重要度は高くなるわけです。

肉では豚肉が、魚介類では赤身の魚貝類がオススメです。

これらの食材には、鉄分とタンパク質が豊富に含まれているのです。