関東

くらやみ祭り2015日程!熱い祭りがやってきた!

2015/05/25

2015年のGWは東京府中のくらやみ祭りへ!

ということで、70万人の人出で賑わう、正式名称が大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)例大祭のくらやみ祭りを紹介していきたいと思います。

どうして、くらやみ祭り、というのかというと、この祭りのメインは神輿なのですが、それが夜なんです。

神輿に乗り遷って(うつって)いただく神様を、私達人間が明るい時間に直接見るなんて、恐れ多い、とされています。

なんと1,000年の伝統を持つくらやみ祭りは、昔は本当の暗闇で神輿が担がれ、街の明かりはみんな消されていたんですよ。

神輿の担ぎ手の、府中市の町会の方たちは、2015年も神輿渡御を待ちわびています。

スポンサーリンク

2015年 くらやみ祭りの日程

1,000年もの歴史を誇るくらやみ祭りは2015年の今も神事を大切に行っています。

祭りに先立ち、大國魂神社の神職は、品川の海で身を清めます

樽に入れて持ち帰った汐水は祭りの期間の清めに使われるんです。

さらには、鏡を磨く儀式も行われます。

鏡は魔除けのために本殿に納められるのですが、もともとは、この磨いた鏡を神輿につけて魔を払っていました。

こんないくつかの神事で祭りの準備が整うと、5月3日から、2015年のくらやみ祭りの本番がスタートです!

・・・・・・・

2015年5月3日(日、祝)の日程

午後6時 府中囃子(ふちゅうばやし)の競演
けやき並木通り

けやき並木では、賑やかな府中囃子の山車が街を盛り上げます。

ライトアップされた山車はきらびやか。

夕暮れのから薄明かりになっていくなか、山車の灯が幻想的でもあります。

賑やかな目黒流、優雅な船橋流をみているうちに踊りたくなってきちゃいます。

午後8時 競馬式(駒くらべ)
旧甲州街道

その昔、武蔵の国(ざっくりと、東京、埼玉の大部分+川崎+横浜)では武士たちが増え、ここ府中では多くの駿馬が生み出されていました。

府中は武蔵の国の県庁にあたる場所だったので、朝廷に献上する馬の品評会が行われていたのです。

その名残がこのくらやみ祭りの競馬式で、スピードの競争ではありません。

騎手は武士の袴に烏帽子をかぶり、自分の乗る馬を紹介してから騎乗します。

6頭の馬が旧甲州街道の150mを3往復するんですよ。

018825

2015年5月4日(祝)の日程

午後0時30分 萬燈(まんどう)大会
大國魂神社

てっぺんに豪華な装飾がついた巨大な傘のような萬燈。

各町の青年団が作ったこの萬燈、重さ30kgを超えるのだとか。

グルグル回し、上下左右に萬燈を振り、2分間の大熱演で技や力強さを披露し、萬燈の出来栄えも競います。

周りからは演者の手助けをする「おりゃ、うりゃ!」の掛け声が聞こえます。

気合のあまり、重さに耐えきれずに転んでしまうことも。

演技前の若者はピリピリしていて、その傍らでは自分の出番が終わり、緊張から解き放たれてリラックスする人が。

午後1時30分 子供御輿渡御
大國魂神社⇔市街地

萬燈で気合の入った演技がされる近くを子供神輿が、こちらも負けじと進みます。

小さくても、立派な神輿を、ハッピを羽織って子供たちが担ぎます。

20基の子供神輿は、お祓いをしてもらうと、神社の境内から出て街を練り歩くんですが、境内の人混みが大変!

参道の量脇に出ている屋台と、ごった返す人混みのなかで、子供たちの小さな体が神輿を揺らします。

青年団の人たちが一緒に街を廻ってくれるのですが、子供たちはきっと、くらやみ祭りの大きな神輿を担ぐお兄さんたちに憧れて、大きくなったら自分も、って夢見るんでしょうね。

午後5時 太鼓の共演
大國魂神社大鳥居前

夕方、神社の大鳥居前に出そろうのは、日本で最大級のいくつもの大太鼓!

この太鼓、とにかく大きいだけあって、大音量。

渾身の力を込めて打たれた音は、体にズドーンっと響いてきます。

太鼓を叩くバチも野球のバットの大きさがあるんですよ。

082711

午後6時(~9時) 山車の巡行
大國魂神社周辺の旧甲州街道とけやき並木通り

山車は大鳥居前から旧甲州街道を中心に練り歩きます。

提灯の灯で照らされた山車が通りに並ぶと壮観です。

囃子を奏でながら進む山車のパレードは、夜の闇が深くなると、いっそう幻想的な世界をみせてくれます。

118713

2015年5月5日(祝)の日程

いよいよ、くらやみ祭りが一番の盛り上がりをみせる、御輿渡御の日を迎えました。

夕方6時から御輿が通る道は、昼の間にお祓いされて清められます。

午後2時を過ぎると前日の大太鼓が続々と境内に入ってきます。

最も大きい太鼓は直径2m50cmの大迫力です。

提灯を持った人や、太刀持ち、観客など、境内は大変な人、人、人。

さあ、準備万端となりました!

午後6時から9時 みこし渡御 
大國魂神社本殿⇒御旅所(大太鼓6張が先導)

080278

待ちに待った午後6時になると、花火がドーン、ドドーン!!と上がると、時を同じくして巨大な大太鼓、6張りが地響きのように、ズドドドーンっっと打ち鳴らされます。

ついに、くらやみ祭りの主役、御輿のスタートです。

8基の神輿の担ぎ手は白装束に烏帽子をかぶり、神社境内では気合を入れて少人数で担いでいます。

そこから3つの門を通って神社の外に出るころには、担ぎ手はどんどん増えて、威勢の良い掛け声とともに、熱気は最高潮!

前日の大太鼓が先導する御輿は一番古いもので明治21年に作られています。

明治の神輿は他にも数基あって歴史の重みを感じます。

最も多くの人数で担ぐ御輿の担ぎ手は埼玉の秩父からもやってきます。

御輿の列は700m先の御旅所まで向かいます。

担ぎ手さんたちも楽しみに待ちわびた御輿ですので、ゆっくり、ゆっくり進み、御旅所に入ります。
基本 CMYK

2015年5月6日(水・振替)の日程

午前4時から8時 御輿還御(かんぎょ)

お祭りの最終日です。

地元の人たちが、「おかえり」と呼ぶこの行事のスタートは、花火とともに早朝4時。

旅御所で夜を明かした8基の神輿は、大太鼓に導かれて街を練り歩き、神社に戻ります。

神社近くでは数万人の見物人が御輿を見守ります。

神社では神輿に乗っていた神様に本殿に戻っていただくと、くらやみ祭りは終了となります。

●〇●〇●〇●

くらやみ祭りが大好きな府中の人たち。

子供の頃に憧れ、親しんだ神輿を成長して担ぎ、次の世代に伝えていっているそうです。

女性も担ぎ手に参加していたり、祭りを通しても一体となっているんですね。

管理人の実家は以前、祭りの山車が通る道沿いにありました。

物心ついたころの記憶でも、祭りの喧騒には胸が踊り、高鳴っていました。

アクセス

東京都府中市大國魂神社
・JR武蔵野線・南武線:府中本町駅から徒歩5分
・京王線:府中駅から徒歩5分