バスケットボール

バスケで身長が低い?それでも点をとろう!

バスケで身長が低いと、どうしてもシュートの時にプレッシャーを感じますね。

「シュートブロックが怖い・・・。」

そんな気持ちになっている時のシュート成功率は下がっていると思います。

そんな気持ちをなくす技術を身に付けましょう。

その技術はクイックシュートです。

では、さっそくお話を始めたいと思います。

スポンサーリンク

バスケで身長が低い!それならクイックシュートを!

バスケの試合で身長の高い低いは重要な要素ですね。

そこで身長が低いバスケプレーヤーに必要になってくるものはスピードです。

横の動きのスピードはもちろん大事です。

ところが見落としがちなのが縦のスピード

相手がシュートブロックにやってくる前にジャンプしてシュートを打ってしまいましょう。

横にゆっくり動いておいて、急にストップ&シュート!

というように、ペースを変えてタイミングをずらすのもアリです。

6a60b8771941ebdcc794f426a224113b_s-compressor

バスケのクイックシュートとは?

バスケのプレー中、縦方向のスピードをアップさせるのが

クイックシュート

と呼ばれる技です。

クイックシュートとは、普段ボールを受けて2歩でシュートしていたところを1歩にする技術です。

右利きの場合のシュートを打つステップの基本が

左足・右足・シュート

ですのでブロックに飛ぶディフェンスもまた、そのタイミングに合わせてきます。

そこを

両足・シュート!!

に変えてみましょう。

クイックなシュートモーションに、身長の高い相手も対応が難しくなります。

パスを空中で受け取りながらリングを確認。

両足でしっかり着地したら、そのままジャンプ!

素早くシュートを放ってしまうのです。

クイックシュートのコツ

クイックシュートのコツとなるのが、着地からのジャンプです。

体が横に流れないように、注意しましょう。

急なストップになるため、ぼんやりとした着地では体が横に流れながらのシュートになってしまうのです。

するとコントロールが乱れてしまい、ゴールを決めることが出来ません。

しっかりと着地しバランスを保ちましょう

003776-compressor

床からの反動を生かそう!

しっかりと両足で着地すると、床からの反動もジャンプに生かすことができます

トランポリンのイメージです。

こうして放たれたシュートは、バスケで身長が低いプレーヤーのビハインドを消してくれます。

相手がブロックにジャンプしている頃には、ボールは頭の上に。

クイックシュートを警戒して相手ディフェンスが距離を縮めてきたら、今度はドリブルで抜き去るチャンスです。

このようにマークマンに対して先手を打つことが出来るのです。

580153-compressor

【合わせて読みたい記事】

バスケのシュートのコツ!基礎をしっかり解説します

バスケのドリブルの技を徹底解説!6つの技ができればOK

持久力をつけるための方法!キツくないほうがイイんですオススメ