バスケットボール

バスケのステップバックのコツ!これで相手はお手上げ

投稿日:

「えええぇっ・・・!」

「抜いてこないの!?」

ディフェンスにそう思わせたら勝ち!

バスケの技ステップバックです。

それを実現するため、

  • バスケのステップバック!コツを2つ
  • ステップバックが有効な場面

という順で解説をすすめていこうと思います。

では、早速いってみましょう!

スポンサーリンク


バスケのステップバック!コツを2つ

バスケのステップバックは、ドリブルを使った縦のフェイントです。

このステップバックのコツは、大きく分けて2つあります。

順に見ていきましょう。

ステップバックしてシュート!

ステップバックのコツの1つ目は、

「ドリブルで抜きにきた!」と相手に思わせてシュートすること。

バスケのゲームで、ステップバックしてからのシュートを決めましょう。

ステップバックからのシュートは、

  • スリーポイントライン
  • フリースローサークル近辺

といった、自分のシュートエリアで行います。

具体的に、右利きの場合で見てみましょう。

まず、

「インサイドに入っていくよ!」

と、思わせる動きからです。

①右足を1歩前へ

右足を、大きめに踏み出します。

この右足は踏み込むように見せかけて、実はシュートステップの一歩目にします。

②左足でステップバック!

踏み込んだ右足を「ギュッ」っと踏ん張り、左足で後ろにステップバック。

③ワンツーでシュート!

相手の重心がゴール側に下がっていたらシュートチャンス

左足で後ろに着地し(ワン)、右足をついた(ツー)瞬間に、両足でジャンプシュートです。

ステップバックしてから抜く!

ステップバックのコツの2つ目は、

「抜くのをやめた」と見せかけておいて抜いてしまうというものです。

ステップバックから抜き去る手順を見てみましょう。

①ステップバック

ゴール方向にドリブルで踏み込み、一旦引き(ステップバックし)ます。

ディフェンスが距離を詰めてきたら、そこがチャンス!

相手がそんなに距離を詰めてこなくても、

「ふう・・・。」

と、ちょっと気が抜けて、腰が浮いていたらそれもチャンスです。

②カウンターでペネトレイト!

瞬間を見逃さずカウンターアタックです。

重心を落とし、低い姿勢からのペネトレイト。

思い切りよく、一気に相手を抜き去ってしまいましょう。

ペネトレイトとは、ドリブルでディフェンスを抜き去ってゴール方向に切り込んでいくことです。

ステップバックのポイント

上記2つのステップバックに共通するコツがあります。

それは、

相手に自分からコンタクト(接触)していく

ということです。

ディフェンスに近づき、一度コンタクトしてしまえば、相手の動きが一旦止まります

動きが止まってしまった相手・・・。

こちらのステップバックに対して、ついてくるタイミングがワンテンポ遅れます

つまり、ステップバックした時の距離が大きく広がる一瞬があるんですね。

そのタイミングでシュート

もしくは、「またプレッシャーをかけよう!」と、すぐに近づいてきた相手を抜いてしまいましょう。

全力でこちらに向かってくる相手は、カウンターで抜きやすいカモとなるのです。

ステップバックが有効な場面

バスケの試合

ステップバックは、相手ディフェンスが距離を詰めてきた場面で有効な技です。

1on1で一気に抜いてしまうことが可能なのです。

まさに、ディフェンスがガンガンこちらに出てくる場面で、カウンターパンチを浴びせるんですね。

ステップバックは、相手の技術が高いほど効果を発揮します。

ディフェンスがこちらの動きにすぐに反応するからこそ、カウンターが成立するのです。

ステップバックは大胆に!

ステップバックで抜くと決めたら、動きは大胆に行いましょう

そして、スピードは速く!

迷いのある中途半端な動きでは、こちらのやることが相手にバレバレです。

大きなアクションを行うことが、ステップバックを成功させるコツと言えます。

ペネトレイト成功の伏線

ステップバックからのシュートを相手に見せておきましょう。

それがペネトレイト成功の伏線になるのです。

「今度はシュートさせないぞ!」

と警戒して近づいてきた相手は、ペネトレイトを防ぎにくいのです。

バスケの試合でのペネトレイトは、切り込み隊長の役割です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© サヌックとれいん , 2017 AllRights Reserved.