相撲

横綱と大関の違い!関脇や小結や前頭はどうなっている?

投稿日:

「横綱と大関ってどう違うの?」

「給料の差は?」

相撲の横綱と大関の違いを見ていきましょう。

そこに加えて、横綱大関に続く地位の

関脇・小結・前頭

との給料の違いもチェックしていきます。

それでは!

  • 横綱と大関の違い
  • 横綱ではなく大関が最高位だった

という順に解説させていただきます。

スポンサーリンク


横綱と大関の違い

横綱と大関の違いを、給与面で見てみましょう。

まず、力士が月給制になったのは昭和30年代のことでした。

横綱と大関の給料の違い

相撲の場に月給制が導入されたのは、昭和32年5月です。

国会の衆議院で

「相撲協会を改革しよう!」

という意見がでました。

その流れで月給制が実現したのです。

それまでは、相撲興行の利益を力士たちに分配する、という形でした。

収入が不安では、力士たちは相撲に集中しにくい環境ですね。

◆昭和32年の力士の月給

興行の利益を分配していた力士の給料。

それが昭和32年の改革によって、

  • 横綱 15万円
  • 大関 11万円
  • 関脇・小結 7万円
  • 前頭 4万5000円
  • という安定した月給になりました。

    横綱と大関の月給の違いは、横綱が大関の約1.36倍の月給でした。

    ◆現在の力士の月給

    お相撲さんの月給は現在、

    • 横綱 282万円
    • 大関 234万円
    • 関脇・小結 169万円
    • 前頭 130万円

    となっています。

    横綱と大関の差が1.2倍程度に縮まっています。

    横綱と大関の給料の違いは、案外小さめの印象があります。

    横綱と大関!手取り額の違い

    違いが小さかった横綱と大関の月給。

    しかし、現実の手取りで考えると、横綱の方が大関よりも勝ち星が多いため、

    • 取り組みごとの懸賞金(手取り1本3万円)
    • 優勝賞金(1,000万円)

    が多くなります。

    また、横綱は人気も勝利数も多いため、懸賞金が優勝賞金を越えていたりします。

    人気が出た力士にはファンが付きますので、テレビのCMなどの出演料も多く入ってきます。

    同じ力士でも、大関の時よりも横綱になった方が人気が上がるはずなので、そこも横綱と大関の違いと言っても良いかもしれません。

    横綱と大関の「付け人」の違い

    相撲の世界には、付け人という仕組みがあります。

    上で紹介した前頭の下のランクは十両と呼ばれる力士たちです。

    この十両以上の力士たち(関取)には付け人が付くのです。

    付け人は、

    • 化粧まわしを締る
    • 荷物の片づけ
    • 入浴
    • 洗たく
    • マッサージ

    など、関取の色々な手伝いをします。

    付け人の人数は、十両の力士で2~3人です。

    そして前頭から大関までは2~5人

    この付け人、横綱になると7~10人になります。

    横綱には、綱(横綱)を締める助手が必要です。

    そのために必要な付け人増員ですので、待遇アップではない印象です。

    このように、待遇面では違いがあまり無いように思える横綱と大関。

    大関は横綱よりも歴史が長い地位であり、その昔、大関は相撲の力士の最高の地位でした

    横綱ではなく大関が最高位だった

    その昔、横綱という地位は無く、大関が相撲の力士の最高の地位でした。

    十両以上の力士は関取という敬称で呼ばれます。

    この関取のなかでも特に優れた力士のことを大関取、略して大関となったのです。

    相撲の番付表の中に大関という地位が現れるのは、江戸時代まで遡り(さかのぼり)ます。

    今から300年以上前の、1699年のことです。

    このように、大関はもともと相撲の世界では最高ランクの番付だったのです。

    現在でも大関は、相撲界の大きな看板と言って良いと思います。

    横綱は地位ではなかった

    現在、大関の上のランクには横綱が君臨しています。

    しかしこの横綱、もともとは地位を表すものではなく、名誉の称号でした。

    大関の中の優れた力士に横綱(しめ縄)を巻く免許を与え、土俵入りを行ったのが横綱の始まりなのです。

    これは1789年のことです。

    しかし、横綱を腰に巻いて土俵入りしていた力士は、あくまでも大関でした。

    ◆横綱と大関の歴史の違い

    大関の上のランクの地位として、横綱が確定したのが1909年のこと。

    横綱という地位の歴史自体が大関に比べて短いのです。

    横綱という地位の歴史は約100年ですが、大関は3倍ほどの約300年になります。

    現在の規定でも、横綱は0人でもOKです。

    しかし、大関は東西に1人ずつ、2名が必要なのです。

    大関になるには

    勝ち星を積み上げていけば、小結や関脇までは番付を上げていくことが可能です。

    しかし、大関になるためには話は別です。

    大関に推挙されるには、関脇か小結で>3場所連続して好成績を残すのが必要なのです。

    目安は3場所で33勝以上の勝ち星が必要です。

    ちなみに1場所で15回の取り組み(対戦)が行われますので、15回×3=45回のうちの33回の勝利が求められるのです。

    大関になる時には、日本相撲協会から力士のもとに

    「大関に推挙します。」

    との伝達をする使者がやってきます。

    大関が得るもの!そして責任

    晴れて大関になると、

    • 飛行機がファーストクラス
    • 電車はグリーン車
    • 両国国技館に自家用車の乗り入れが可能

    といった高待遇となります。

    その分、大関は強い力士であることが求められます。

    ◆大関の責任

    大関は、横綱に続く大相撲の看板です。

    常に勝ち越し【15取り組みのうち8勝以上】ていなければならず、2場所連続で7勝以下だと降格です。

    ただし、降格(関脇に陥落)した場所で10勝以上すると大関に復帰できます。

    ◆横綱になるためには

    大関の上の横綱になるためには、

    2場所連続優勝

    に近い成績が求められます。

    横綱について詳しくは、こちらの記事で解説しています。

    横綱とは何か?その由来から現在までのドラマ!

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    -相撲

    Copyright© サヌックとれいん , 2017 AllRights Reserved.