相撲

関取の由来!それは「メインイベント」と「力比べ」

投稿日:

「なんで関取って言うのかな?」

お相撲さんで、番付が十両以上の強い力士関取と呼ばれています。

この関取という言葉、どんな由来があるのでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

  • 関取の由来は「関を取る」
  • 関取の由来!「関」は「関門」
  • 関取の由来!「取」は「相撲取り」

という順でお話していきたいと思います。

スポンサーリンク


関取の由来は「関を取る」

現在は、十両以上の番付の力士全体のことを指す関取

この関取という名前の由来は、強い力士の呼び名にありました。

関取とは、もともとは相撲界の最強力士を表す言葉だったのです。

相撲の力士が色々な相手を破り、力士の中でNo.1の強さを示した時に

「関を取る(取った)」

と表現されました。

これが関取という名の由来です。

でも、この「関を取る」という言葉、よく分かりませんね。

これは、「相撲のメインイベントに出場する」ということを表しているのですが・・・。

そこで、「関取」=「関を取る」という由来を、

「関」

「取」

に分けてお話します。

関取の由来!「関」は「関門」

関取の「関」とは関所のことであり、最終関門ということです。

かつて、関所は街道の要所におかれていました。

通行人の荷物の検査をしたり、不審人物を取り締まる目的がありました。

関所を通過できるのか?

それは、旅人にとって大きな関門でした。

相撲界では、この「関」という字で、メインイベントを表したのです。

一番最後の締め(しめ)の相撲が「関」なのです。

関取の由来!「取」は「相撲取り」

次に、関取のなかの「取」という言葉の由来です。

これは、相撲を取るという表現の由来に関わっています。

相撲を「取る」の由来

日本では古代から、互いの両手を取り合って力比べをしていました。

神話のなかでも、互いの手を取り合って力比べをしています。

現在では、手四つと言いますね。

そこから、力比べを行うことは

「(手を)取る」と表現されました。

相撲も力比べですので、相撲を取るとなるのです。

古事記に出てくる相撲

現在の相撲は、まず体をぶつけ合うことから始まります。

しかし古事記(奈良時代)には、

「まずその御手を取らむ」

という一文があるようです。

相撲の創成期。

相撲の対戦ではまず、互いの手を取り合ったのではないか、と思われます。

まとめ

関取の由来は最強の力士を表現した言葉です。

メインイベントとしての「関」

力比べをする「取」

メインイベント(関)で力比べ(取)をする最強の力士です。

そのという文字を合わせて

「関を取る」

と言われました。

そして、「関を取る」を略して「関取」と呼ばれるようになったのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-相撲

Copyright© サヌックとれいん , 2017 AllRights Reserved.