マラソン

ランニングコースの選び方!色んなコースを走りましょう

投稿日:

「どんなコースをランニングしようかな?」

ランニングコースの選び方、悩むところです。

このとき、おススメするのは、色々なランニングコースを走ることです。

ランニング初心者の場合は、平坦なコースを。

ランニングを始めて体力がついてきたら、アップダウンのあるコースも。

では早速、

  • ランニングコースの選び方
  • ランニングコースのバリエーション

という順で見ていきましょう!

スポンサーリンク


ランニングコースの選び方

ランニングコースの選び方のお話です。

積極的にランニングを楽しみましょう

色々なランニングコースを走るのです。

同じコースばかりを毎回走っていると、単調な繰り返しのため、飽きてきてしまうことがあります。

ランニングのコースを、いくつも増やしてみましょう。

  • 広い公園
  • 川沿いの道
  • 体育館の周りの周回コース

などであれは、色々なランナーが走っているので刺激ももらえます。

もちろん、ご自宅スタート地点として、いろいろなコースを走ってみるのも良いでしょう。

「今日はコンビニの方に向かってみよう。」

「神社に向かおう」

という感じです。

ランニングを旅行気分で!

お休みの日には近所だけではなく、ちょっと遠くまで足を伸ばしてみるのも良いでしょう。

ちょっとした旅行気分もプラスされて新鮮です。

ハイキングコースに足を伸ばしてみるのも効果的です。

もちろん、ずっと走っていなくてもOK。

ハイキングコースを歩いたり走ったりすると、普段と違う筋肉を使います

いつもと違うコースをランニングすることで、バランスよく体が締まっていくのです。

ランニングコースのバリエーション

早いタイムを出したい場合、一つのコースだけでは足りません。

色々なコース、色々なペースで走ることで筋肉がバランス良く鍛えられ、それが早いタイムにつながります。

そのため、コースも色々必要なのです。

ランニングを始めて体力がついてきたら、

  • 坂道のコース
  • ゆっくり走る長いコース

と言う様に、ランニングコースのバリエーションを増やしていきましょう。

坂道や長距離ランニングの効果

坂道や長距離ランニングの効果を見てみましょう。

♦坂道ランニングの効果

上り坂では、

  • 力強い走り
  • 心肺機能のアップ

強化!

下り坂では、

  • スピードを出すフォーム
  • 足の回転のコツ

がつかめます。

坂道コースの走り方については、こちらの記事で解説しています。

坂道でトレーニングを!こんなランニングがイイんです

♦長距離ランニングの効果

ランニング初心者は少しずつ距離を伸ばしてみましょう。

ランニングの自信がついていきます

ランニング中級者以上でも、

  • 心肺機能のアップ
  • 疲労回復

といった効果があるんですよ。

長いコースをゆっくり走る(LSDトレーニング)についてはこちらの記事をどうぞ。

マラソンへのLSD効果はコレ!こんな地力がついていく!

早く走ったり、ゆっくり走ったりすることで、バランスの良く筋肉が強化され、心肺機能の能力も効率よくアップさせられます。

いつものコースをランニングする時にも、そこを意識して、一部分だけ早いペースで走ってみても良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マラソン

Copyright© サヌックとれいん , 2017 AllRights Reserved.