バスケットボール

バレーのジャンプサーブ!打ち方のコツは?ドライブ回転とは?

投稿日:

バレーのジャンプサーブの打ち方のコツや、ジャンプサーブに必要なドライブ回転のかけ方を解説します。

ジャンプサーブは極めて攻撃力のあるスパイクです。

なにしろ、バックアタックのようなサーブで、スパイクの威力を持っているのがジャンプサーブです。

この威力によって、試合の流れを一発で変える力があるのです。

高いポイントからジャンプサーブを打つと、サーブの強さがさらにアップです。

では、

  • バレーのジャンプサーブ!打ち方をトスから順番に見てみよう
  • バレーのジャンプサーブ!打ち方のコツはこちらです

という流れでお話を始めたいと思います。

スポンサーリンク


バレーのジャンプサーブ!打ち方をトスから順番に見てみよう

バレーのジャンプサーブの打ち方ですが、まずは助走が必要です。

そのため、助走する分の距離を、バックラインよりも後ろに立ちます。

では、ジャンプサーブの打ち方を順を追って見ていきましょう。

バレーのジャンプサーブ!打ち方を順に見ていきましょう

バックラインの後ろに立ちました。

次は、トスをバックラインのある前方に上げて、助走をスタート!

バックラインに向かって助走している間に、両手を後ろに振りかぶります

このとき、腕が床と並行になるくらい、思い切って

「グイッ!」

と後ろに持っていくのが、ジャンプサービスのパワーをため込むコツです。

利き腕が右腕の場合、右足を力強く踏み込んでから・・・。

最後のステップで左足を前に出し、両足でジャンプ!

このとき、後ろに振りかぶった腕は、一気に上まで振りあげます

振り上げる腕の力も、高いジャンプのために必要な要素です。

ここで!

体の後ろ側にパワーをため込みましょう。

「体を弓のようにしならせる」

というイメージを持つのも、バレーのジャンプサーブの打ち方のコツです。

左腕はボール向け、右腕を後ろに持っていきます。

さらに、両足もヒザから下を後ろにもっていくのです。

前方への推進力の勢いもスパイクを打つ力に込め、右腕を一気にボールに向かってスイング!

加えて、両足も前方に返しながら、

しならせておいた体のパワーを解放!

バレーのジャンプサーブの打ち方の最後段階のコツは、

  • 全体重
  • 体中の全部の筋肉のパワー

ボールにぶつけるコトです。

ここで、素晴らしいジャンピングサーブを紹介します。

スローも入っていますので、下の動画をぜひご覧くださいね。

・・・・・・・

では、後半の章で、ジャンプサーブのコツとして

  • 練習は助走とトスからはじめよう
  • ジャンプサーブにドライブ回転を!

という注目の内容をお届けしたいと思います。

バレーのジャンプサーブ!打ち方のコツはこちらです

後半の章では、ジャンプサーブの練習ドライブ回転のコツについて見ていきたいと思います。

まず、バレーのジャンプサーブの練習は、トスと助走を繰り返すことがポイントです。

ジャンプサーブのコツ!練習は助走とトスからはじめよう

バレーの試合で自信を持ってジャンプサーブを打つためには・・・。

まず、自分に合った助走距離を見つけましょう

助走の距離が固定できれば、その距離でトスと助走の練習を繰り返し行います。

目標は、いつでも同じ場所にトスを上げ続けられることです。

トスが安定すれば、ジャンプサーブの打ち方も安定させることができるのです。

サーブが安定すると、バレーの試合でのメンタルも安定する効果が!

トスを上げるのは、

  • 利き手
  • 逆の手
  • 両手

どれでも構いません。

自分がトスを上げやすい方法を見つけましょう。

ジャンプサーブにドライブ回転を!打ち方のコツは?

ボールに、ドライブ回転をかけることがジャンプサーブの打ち方のコツです。

ドライブ回転とは、順回転で、車が前に進む時のタイヤの回転方向です。

ドライブ回転をかけると、ボールは相手コートに落ちていく軌道をえがきます。

相手レシーバーにとっても、強いスピンのかかったサーブは取りにくいものに。

バレーのジャンプサーブ!ドライブ回転をかけるコツは?

ジャンプサーブでドライブ回転をかけるコツは、

  1. サーブのトスを上げる時に手首でスナップをきかせてドライブ回転をかける
  2. 手のひらをボールにかぶせるようにボールを打ってドライブ回転を加速させる

という2点です。

1.のようにスナップをきかせ、回転をかけたトスの方がサーブは打ちやすいです。

回転をかけないトスは、

揺れながらボールが落ちてきて打ちづらい

のです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© サヌックとれいん , 2017 AllRights Reserved.