バレーボール

オーバーハンドサーブの打ち方とコツ!バレーボールをしよう

投稿日:

バレーのオーバーハンドサーブの打ち方とコツを紹介します。

このオーバーハンドサーブは、上級編としての技があります。

それは、

  1. 無回転サーブにする
  2. ドライブサーブにする

ということなのです。

ではまず、オーバハンドサーブの打ち方を具体例で解説ていきます。

スポンサーリンク


オーバハンドサーブの打ち方!コツは腕を伸ばすこと

オーバーハンドサーブの打ち方のコツは、

腕を伸ばしたまま

ボールを打つサーブです。

右手が利き手の場合を例にしてオーバーハンドサーブのコツをお話します。

まず、ネットに対して横を向き、左足を前に出します。

左手でもったボールを上に放り、トスにします。

その時、右手を伸ばした状態で、おしりの後ろの方まで大きくバックスイングします。

この時、胸を張り、体の後方にサーブに使うためのエネルギーをたくわえます。

次に、重心(体重)を前に移動しながら右手をボールに近づけていきます。

右腕は伸ばしたまま、遠心力を使って大きく円をえがきます。

いよいよ、オーバーハンドサーブでボールをインパクトします。

体はネットに向かって左に傾かせると、動きがスムーズです。

前方に移動してきた体重をボールにぶつけるのがコツです。

右腕がえがいた大きな円の遠心力も、ボールに乗せてあげます。

ボールを打つのは右手の手のひらで、下のかたい部分を使います。

オーバーハンドサーブの打ち方!無回転サーブやドライブサーブに

バレーのオーバーハンドサーブには、打ち方によって無回転サーブドライブサーブにするコツがあります。

まず、無回転サーブにするコツから見ていきましょう。

オーバーハンドサーブ!無回転サーブにする打ち方のコツって?

オーバーハンドサーブを、無回転サーブにする打ち方のコツがあります。

そのコツは、ボールを押し出すように打つことです。

ボールを打つ手首を、床に対して垂直に保ったままボールを送り出すのです。

打ち終わった腕は下まで振り切らず、途中で止める感じにします。

すると、サーブされたボールは無回転となり、木の葉が落ちるかのような揺れを見せるのです。

オーバーハンドサーブをドライブサーブに!打ち方のコツは?

今度は、オーバーハンドサーブをドライブサーブにする打ち方のコツです。

そのコツは、ボールに手を巻きつけるように打つことです。

バレーのボールに順回転を加え、ドライブサーブにするのです。

すると、落ちる軌道となって取りにくいサーブに。

◆ボールを最後までしっかり見よう

オーバーハンドサーブのコツとして、

ボールをしっかり見る

という点があります。

ボールを打つ時につい、下を見る打ち方だと、コントロールに乱れが出てしまうのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バレーボール

Copyright© サヌックとれいん , 2018 AllRights Reserved.