バレーボール

バレーのサイドハンドサーブ!打ち方をチェック!

投稿日:

バレーのサイドハンドサーブの打ち方とコツを知れば、無回転サーブができるように!

バレーのサーブの中でも、比較的安定感のあるサイドハンドサーブについて解説させていただきます。

  • 前半はサイドハンドサーブの打ち方
  • 後半はサイドハンドサーブのコツ
  • 無回転サーブにするコツを含む

という順でお話を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

バレーのサイドハンドサーブ!打ち方はどうすればイイの?

さっそく、バレーのサイドハンドサーブの打ち方を順に見ていきましょう。

右利きの場合を例にしてお話します。

サイドハンドサーブの打ち方!構え方はどうするの?

まず、サードハンドサーブの構え方からです。

サイドハンドサーブを打つには、まずネットに対して体を横に構えます。

左足をネットに向かって半歩前に出しておきましょう。

重心は後ろにある右足にのせておきます。

ボールを打つ瞬間は踏み出した左足に重心を移動します。

顔をネットに向け、左腕を斜め右前に伸ばし、ボールを持ちましょう。

サイドハンドサーブの打ち方!動き方のコツは?

では、バレーのサイドハンドサーブで、打ち方の動作に入って行きます。

左足で前に踏み込みながら、右腕を後ろにバックスイングし引きましょう

左手に持ったボールを垂直にあげ、体を時計回りに回転させていきます。

ボールを上げる高さは低めにしましょう。

顔に近い方が、ボールをコントロールしやすいのです。

前に出しておいた左足に重心を移動し、その左足を軸足にして体を時計回転!

右手をボールの落下地点に向かわせましょう。

この時、右腕を伸ばした状態で、右腕ごと体全体を回転させるのがコツです。

体全体を回すことで、右腕だけではなく体全体の力をボールにヒットさせるのです。

また、体の少し前方でボールを叩くのもコツです。

体の前方だと、ボールに力を乗せやすいのです。

前方に移動した体重と、体の回転する力をボールに乗せてあげましょう。

バレーのサイドハンドサーブのコツ!無回転サーブの打ち方も!?

バレーのサイドハンドサーブは、打ち方のコツを知ることで無回転サーブにすることが可能です。

この無回転サーブのコツは、ボールの中心を押し出すようなイメージで打つことです。

加えて、手のひらの下の部分を使うことで余計な回転をかけずに済みます。

無回転サーブはボールが揺れながら変化するため、相手のレシーブの乱れにつながります。

サイドハンドサーブの打ち方は、テニスのラケットを振る感覚をもつのがコツです。

右腕を伸ばしてボールを打つことや、体の回転力をボールに乗せることが共通しています。

サイドハンドサーブの打ち方!コースを変えるコツって?

バレーの試合で、アイドハンドサーブは真っすぐに打ったり、左方向に打ったりしますね。

この打ち方にコツはあるのでしょうか?

じつは、簡単なコツがあります。

サイドハンドサーブの打ち方で、コースを打ち分けるには、そのコースに左足を向ければ良いのです。

左足のつま先をコースに向けましょう

構えの時に右足にあった重心は、ボールを打つときには左足に移動していますね。

ということは・・・。

左足が打つコースに向いていれば、体重移動もそのコースに向いているのです。

ボールに乗せる力がそのコースを向いていれば、サーブのコントロールが安定。

サイドハンドサーブのミスを回避できるのです。

ミスが少なくなれば、バレーの試合でのメンタルも安定。

のびのびとバレーの試合を行うことができますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バレーボール

Copyright© サヌックとれいん , 2018 AllRights Reserved.