ダイエット

ウォーキングダイエットの効果はコレ!歩く方法も解説!

2015/03/29

ウォーキングはとても簡単に始められるダイエットです。

特別な道具が必要になるわけではありません。

スポーツシューズで快適にウォーキングダイエットを楽しみましょう!

では、ウォーキングのダイエット効果や歩く方法、健康への効果などをお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイエット効果

普段の徒歩や散歩を、有酸素運動であるウォーキングに変える方法をお話していきます。

有酸素運動とは長時間行なう運動で、体の脂肪を燃やしてエネルギーに変えていきます。

ウォーキングを持続して行うことで健康的なダイエットが可能なのです。

体の脂肪が本格的に燃焼されるのは、有酸素運動を開始して20分後位からです。

なので、ウォーキングダイエットに慣れてきたら20分以上歩けば、効果倍増です!

背筋を伸ばし、キビキビと早歩きをすることを週に2回以上行っていると、基礎代謝量が増えてきます。

そのため、脂肪をたくさん燃やして、カロリー消費量が増えてきますし、体の引き締まる効果もあるんです。

キュっと上がったヒップライン、素敵ですよね。

4066209558f63c7cbe53323304cc6c89_s

歩く方法

ウォーキングダイエットの歩き方です。

先程は背筋を伸ばしてキビキビと早歩きをと言いましたが、もう少し詳しい方法をお話していきます。

歩く方法① 速さ

ハアハアと息が上がるくらいでダイエット効果が十分にあります。

息切れする「ゼイゼイ」だと、体への負担がかかりすぎです。

おしゃべりのできるギリギリくらいですね。

歩く方法② 歩幅

歩幅は身長の45%で

ちなみに、普通に歩いているときは「身長の37%」です。

ウォーキングダイエットを効果的にする方法のひとつは、歩幅を大股にすることなんです。

身長150cmの方なら67cmくらい、160cmの場合は72cmくらい、170cmなら67cm、180mなら81cmですね

歩幅のイメージは靴半分、いつもより前へ!です。

歩く方法③ シューズ

運動靴をはいて、体への負担を最小限にしましょう。

ウォーキング用シューズも販売されています。

歩く方法④ 準備運動

準備運動をして、体をほぐしてからウォーキングをしましょう。

094448

ダイエット以外にも効果が!

ウォーキングをして、ダイエット効果と一緒に健康になっていきましょう♪

血流が増加し、新陳代謝が活性化します。

お肌の血行が良くなり、プルンプルンの美肌に!

リラックス効果

緊張を解きほぐし、気分一新です。

血液酸素が脳にたくさん供給されるおかげで、脳はストレスから開放されます。

汗をかくことで体温の調整機能が高まり、冷え性解消の方法にもなります。