ダイエット

ライスミルクの作り方!低カロリーでダイエットに効果!

話題になっているライスミルク

ライスミルクとは、玄米を主にした植物性ミルクです。

今までミルクといえば、牛乳と豆乳のことでした。

そして今・・・第3のミルクとして注目されているのが
ライスミルクなのです!

美容や健康に良く、低カロリーでダイエット効果があるのです。

また、牛乳や大豆にアレルギーのある方にもおススメです。

赤ちゃんの離乳食に使うのもいいですよ。

そんな第3のミルクライスミルクは、自宅で簡単に作れる優れもの!

ライスミルクの効果と作り方をまとめました。

スポンサーリンク

ライスミルクとは

玄米・食塩・水などで作られています。

ライスミルクの主になる原料が玄米です。

玄米は、栄養がとても高い食べ物なんです!

私達人間が、健康を維持するために必要とされている栄養素を、ほぼ摂取できるといわれています。

栄養をたくさん摂取できるのに、低カロリーとは嬉しいです。

健康にダイエットができるのです。

ライスミルクのダイエット効果

今まで飲んでいた牛乳に比べると、低カロリーで低脂肪です。

コレステロールも含んでいません。

牛乳の代わりに飲んだり、お料理やデザートを作る時に入れるとカロリーを抑えられ、ダイエットに効果的です。

090957

カロリー意外にも、こんな魅力が!

むくみ解消
解毒作用
便秘解消

体内の毒素を排出し、むくみを解消でき、さらにビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で便秘改善ができるので、健康に痩せられる!

最高のダイエットですね。

さらにさらに!

玄米に含まれているタンパク質は、コラーゲンの元になるためお肌がプルプルになり、美白効果もあります。

ライスミルクの作り方

低カロリーでダイエット効果があるライスミルクが、自宅で簡単に作れます。

そのまま飲むのも美味しいですし、今まで牛乳を使って作っていた料理やデザートを、ライスミルクに変えて使ったりと、利用するシーンはたくさんあります。

材料(1リットル)
玄米・・・40g
ミネラルウオーター・・・1リットル
塩・・・少々

必要なもの
ミキサー

015513

作り方

基本的な作り方です。

玄米を発芽させる

わずかに芽がでるまで、2~3日水に浸します

水は1日に2回程度取り変えます。

季節により、発芽する日数が変わります。

ミキサーにかける

発芽玄米の水気を切り、材料をミキサーに入れ、米粒がなくなるまで回して出来上がりです。

簡単な作り方

もっと簡単な作り方があります。

玄米を炊飯器で炊いて作りましょう。

炊いた玄米とミネラルウオーター、塩をミキサーに入れて、米粒がなくなるまで回して出来上がりです。