ダイエット

自転車ダイエットの効果はコレ!効果アップの3つのコツ!

自転車は風を切って走らせると気持ちいいですね。

その自転車を使ったダイエット方法が今回のテーマです。

遠くまで行くことができるので、開放感と爽快感のあるダイエットです。

普段はバスや車で通る道を自転車で走ると新たな発見があるかもしれません。

楽しくダイエットができるように、まずはその自転車ダイエットの効果からみていきましょう。

スポンサーリンク

自転車ダイエットの効果

自転車ダイエットの効果はまず、スリムな体型を手に入れられる、ということです。

自分の好きなところまで自転車を走らせ、快適な気分を味わうことができつつ、有酸素運動ができているのです。

有酸素運動とは、ジョギングやウォーキング、エアロビクスといったような、長い時間軽めに行なう運動のことです。

体の脂肪を燃焼させるのです。

chariL

慣れてきたら、自転車ダイエットは20分以上行なえば効果倍増です!

脂肪の燃焼率は、有酸素運動を20分行うことで増えてくるからです。

また、血液中のコレステロールや中性脂肪も減らしてくれますし、血行が良くなることで新陳代謝も促進です。

美肌効果も抜群で、張りのあるお肌になっていくとでもあります♪

また、有酸素運動の大きな効果としては、ストレスが解消される、ということがあります。

気持ちよく、ダイエットを続けることができますね。

▶Point 体への負荷が少ない

同じ有酸素運動のジョギングやウォーキングでは、ランナーズニーと呼ばれる膝の故障や、足首の痛みを起こす場合があります。

ところが自転車ダイエットの場合は、体重がサドルにかかり、下半身への負担が軽減されるので、膝や足首も安心です。

また、筋肉へのダメージも少なめで、筋肉痛になりづらいのもメリットです。

効果アップの3つのコツ

効果アップのコツ①
~前傾姿勢の効果~

自転車に前傾姿勢で乗ると、表、裏の太ももの筋肉をうまく使えるようになり、スマートな美脚を手に入れられます!

太ももの筋肉は有酸素運動を行うことでは太くならず、引き締まりがもたらされ、美しいラインになっていきます。

なぜなら、筋肉がついてキレイになっていく量よりも、ムダ肉が減ってスマートになる量の方が断然多くなるからです。

また、二の腕の筋肉も使うので自然に、たるみが解消されていきます。

効果アップのコツ②
~坂道のないコースが効果的~

平坦な道で心拍数を安定させながら自転車をこぎ、脂肪を燃焼させましょう。

これでダイエット効果をゲットです。

川沿いなどの、信号の少ないコースで、ギアも軽めがいいでしょう。

コースに坂道があれば、一生懸命にペダルをこぎ、筋トレの状態となるので、太ももの筋肉は太く、大きくなっていきます。

9da9115625871d77e023fde3c0e1d55a_s

効果アップのコツ③
~サドル高めが効果アリ!~

サドルは、自転車に乗って足を伸ばした時にかかとがペダルにちょうどつく位置にしましょう。

そうすると、ペダルはつま先でこぐことになり、前傾姿勢になりやすいですし、つま先でこぐと自転車のコントロールもしやすくなします。

▶Point

自転車ダイエットをスポーツとして捉えていただくと分かりやすいと思います。

スポーツは基本的にかかとに頼らず、つま先で行いますね。

つま先を使うことで、ふくらはぎがキュッと締まってスマートなラインが実現ですよ♪